埼玉県で国内初・光化学スモッグのドローン調査 上空のオゾン濃度を追跡

光化学スモッグの発令警報が全国最多の埼玉県では7月30日より、大気中のオゾン濃度を調査して光化学スモッグ発生メカニズムを調査する取り組みを国内で初めてドローンで実施しました。

光化学スモッグは、窒素酸化物が太陽光によって化学反応を起こして生成される光化学オキシダントの濃度が高まると発生し、目やのどの痛みを引き起こすことで知られていますが、明確なメカニズムは明らかになっていません。

同調査は埼玉県西部のときがわ町にある剣ケ峰山頂近くで行われました。高度数千メートルまで飛ばしたドローンを使って、正午から3時間ごとに計4回、オゾンの濃度分布やその変化を測定、数カ月間かけて分析する予定です。

今回の測定に至ったきっかけは、低地では夜にオゾン濃度が下がるのに対して、高地では終日高止まりの傾向が見られることでした。オゾンが分解されずに上空に溜まっているとしたら、翌日に一層濃度が高まることも考えられるとのことです。

今回はその濃度が地上付近の大気にどのように影響するかを解明するのが目的となっています。調査を発展させ、今後はスモッグ注意報の予測に役立てていく狙いもあるようです。

NEWS

ドローン目視外飛行解禁を見越したリアルタイム気象観測システム「カザミドリ」

NEWS

西日本豪雨の被災地へ、コマツ、オプティム、ランドログの3社がドローン測量を無償提供

NEWS

ドローンと先進テクノロジーのさらなる融合を目指す会員制サービス「未来テック会員」募集開始

NEWS

交通量調査がAIとドローンで自動化!テラドローンが新ソフトウェアを発表

NEWS

埼玉県で国内初・光化学スモッグのドローン調査 上空のオゾン濃度を追跡

NEWS

登山者が携帯する電波発信機でドローンにSOS 遭難時の救助システムを立命館大が発表

NEWS

筑波大発のベンチャー、深海用水中ドローンレンタル事業を開始 低コストでの深海調査が可能に

NEWS

本田圭佑も投資家として参加!ドローン特化型ファンド「Drone Fund II」発表

© DRONE NEWS