埼玉県で国内初・光化学スモッグのドローン調査 上空のオゾン濃度を追跡

光化学スモッグの発令警報が全国最多の埼玉県では7月30日より、大気中のオゾン濃度を調査して光化学スモッグ発生メカニズムを調査する取り組みを国内で初めてドローンで実施しました。

光化学スモッグは、窒素酸化物が太陽光によって化学反応を起こして生成される光化学オキシダントの濃度が高まると発生し、目やのどの痛みを引き起こすことで知られていますが、明確なメカニズムは明らかになっていません。

同調査は埼玉県西部のときがわ町にある剣ケ峰山頂近くで行われました。高度数千メートルまで飛ばしたドローンを使って、正午から3時間ごとに計4回、オゾンの濃度分布やその変化を測定、数カ月間かけて分析する予定です。

今回の測定に至ったきっかけは、低地では夜にオゾン濃度が下がるのに対して、高地では終日高止まりの傾向が見られることでした。オゾンが分解されずに上空に溜まっているとしたら、翌日に一層濃度が高まることも考えられるとのことです。

今回はその濃度が地上付近の大気にどのように影響するかを解明するのが目的となっています。調査を発展させ、今後はスモッグ注意報の予測に役立てていく狙いもあるようです。

NEWS

DJI JAPAN、日本マイクロソフト、NSWが民生用ドローンとAI技術を活用した建築物の外壁調査で協業

NEWS

中国ECサイトの京東が四川省広安市でドローン配送を正式にスタート。30kgまでの食品・電化製品・洋服などを配送

NEWS

東大とシャープが8企業・団体と連携し、広島県江田島市でドローンを使った「スマートかき養殖」の実証実験スタート

NEWS

函館市のアサヒ商会がドローンを使った巡回・輸送システムを販売。農場やキャンプ場の巡回・管理や軽量荷物の配達を想定

NEWS

ドローンが水難被災者へライフジャケットを届けるサービス開始!ドローンネットが救助活動にドローンを活用

NEWS

FullDepthが水中ドローン「FullDepth DiveUnit300」を使い茨城県の花貫ダムでダム点検実証試験を実施。ダム上流側壁面の網羅的撮影に成功

NEWS

テラドローンとヤナイ・ソフトウエアーがドローンを用いた屋根点検・積算事業で提携

NEWS

岡山理科大と電源開発がドローンによる電力設備の保守点検を行う「電力設備自動撮影技術」を開発

© DRONE NEWS