筑波大発のベンチャー、深海用水中ドローンレンタル事業を開始 低コストでの深海調査が可能に

筑波大学発のベンチャー企業FullDepthは北九州市において7月30、31日の2日間、同社が開発する深海用水中ドローン「FullDepth DiveUnit300」のレンタル事業に関する説明会を開催しました。

同社は日本初の水中ドローン専業メーカーとして2014年に創業し、「深海探査に水中ドローンによる技術革新をもたらす」をスローガンに水中ドローンの開発を行ってきました。

FullDepth DiveUnit300のレンタル事業は2018年6月1日より提供が開始されており、高価な機体を購入しなくても「必要な時に必要な期間だけ」水中ドローンを利用することが可能になります。

説明会では、サービスの概要をはじめ、プールを用いた実機デモンストレーション、事例の紹介、参加者による水中ドローン体験など、盛りだくさんの内容となりました。

FullDepth DiveUnit300は機体重量25キロと比較的軽量で、人力で投下できることが特徴です。水深300メートルまで潜航可能であり、機体の姿勢維持をモーションセンサーとスクリュー7基を組み合わせて行うことで、深海でも安定した撮影が可能です。

また、潜航に必要な人員も、撮影映像を見ながらコントローラーを操作するオペレーターと、ケーブルの調整を行うサポーターの2人で済み、大掛かりな設備や多くの人員なしで、低コストでの調査が可能になります。

手軽に運用できる水中ドローンと、必要な時だけ利用できるレンタル事業、この組み合わせによって、深海調査という非常にハードルが高く思われる作業が、より手軽に実現できるようになるかもしれません。これによる新たな発見にも期待しましょう。

(画像引用:https://fulldepth.co.jp/)

NEWS

函館市のアサヒ商会がドローンを使った巡回・輸送システムを販売。農場やキャンプ場の巡回・管理や軽量荷物の配達を想定

NEWS

ドローンが水難被災者へライフジャケットを届けるサービス開始!ドローンネットが救助活動にドローンを活用

NEWS

FullDepthが水中ドローン「FullDepth DiveUnit300」を使い茨城県の花貫ダムでダム点検実証試験を実施。ダム上流側壁面の網羅的撮影に成功

NEWS

テラドローンとヤナイ・ソフトウエアーがドローンを用いた屋根点検・積算事業で提携

NEWS

岡山理科大と電源開発がドローンによる電力設備の保守点検を行う「電力設備自動撮影技術」を開発

NEWS

ANAHDと福岡市が唐泊港から玄界島までドローンで物品を運ぶ実証実験を実施

NEWS

バイエルクロップサイエンス、中国XAG、XAIRCRAFT JAPANの3社がドローンを活用した日本の農業経営の効率化で提携

NEWS

ウェザーニューズとKDDIがドローン運航をサポートする高精細気象予測システムを開発。気象要因による事故の予防に大きく貢献

© DRONE NEWS