Featured Video Play Icon

ドローンから25カ国語をアナウンス可能な「AIアナウンサードローン」緊急時のスムーズな避難誘導を後押し

和歌山県白浜町のIT企業、クオリティソフトは、上空150メートルから、周囲300メートルの範囲に緊急アナウンスを届ける「AIアナウンサードローン」を発表しました。

開発のきっかけは、避難誘導中の消防士が死亡した事例や防災無線が聞き取りづらいエリアの存在とのことで、2017年10月から開発が続けられていました。

これまでは消費電力やプロペラ音の問題から、ドローンを用いた緊急アナウンスシステムはうまく動作できないことが多かったようですが、遠方に音を伝える能力の高い「圧電スピーカー」を採用することで、上空からのクリアなアナウンスを実現したとのことです。

アナウンスする文章をあらかじめ日本語で入力しておくと、AI翻訳により25カ国語がドローンに送信され、音声でアナウンスされます。マイクから音声を出力することも可能で、臨機応変に避難方向などを指示できます。

利用用途は緊急時だけにとどまらず。イベント会場での誘導や、密猟者や侵入者に多言語で警告を発するなど、様々なバリエーションが考えられます。

価格はソフト含む一式で200万~250万円と想定されており、自治体の災害対策での導入にも期待したいところです。

NEWS

中国のスタートアップが重量なんと75gの木製ドローン発売に向けてクラウドファウンディングをスタート

NEWS

東京電力パワーグリッドが1tの積載が可能なドローン開発へ。2月に福島で実証実験実施

NEWS

テラドローン、低価格UAVレーザ「Terra Lidar」提供開始。期間限定のレーザ計測キャンペーンも

NEWS

ジーフォースがデュアルカメラ搭載のドローン「GRANFLOW」を発売。二つの視点からの撮影が可能に

NEWS

スマホなしでもドローン操作できる送信機登場!DJIが「CES 2019」で発表

NEWS

ドローンよりも手軽な空撮キット「Wiral® LITE」が日本上陸。クラウドファンディングサイト「Kibidango」でプロジェクトスタート

NEWS

子どもでも10分で製作できる小型・軽量DIYの木製ドローンがクラウドファンディングサイトMakuakeに登場!

NEWS

iPhoneがドローンに大変身!AppleのドローンiPhone「iPhone X-Drone」のコンセプト動画YouTubeで公開

© DRONE NEWS