Featured Video Play Icon

時速161キロで飛行する宅配ドローンの開発が進行中

米国フロリダ州の企業Aergilityはここ数年、最高時速161キロで飛行する宅配用ドローン「ATLIS」の開発を行っているようです。

あらかじめ設定された2地点の間を自律して飛行するATLISは垂直離着陸機(VTOL)で、4か所に上下2つずつ取り付けられた8つの電動ローターと、高速飛行を可能にするガス式プロペラを備えています。

また、ATLISには電気自動車でもよく使われる回生ブレーキが採用されています。回生ブレーキとは、モーターを発電モードに切り替え、そこからエネルギーを抽出する際に発生する抵抗をブレーキとして利用する機構のことです。抽出されたエネルギーはバッテリーに充電され、再利用可能です。

ATLISでは8つのローターの回転数を個別に調整して方向転換や高度維持を行いますが、ローターの回転を緩める際に回生ブレーキ機構が使用されるため、エネルギーがある程度回収され、長時間の飛行が可能になっています。

また、ATLISの機体は耐久性が高く軽量なカーボンファイバー素材でできており、アームが折り畳み可能なため、持ち運びも容易です。さらに耐荷重は180キログラム、飛行可能距離は160キロメートルと、長距離の大型配達もこなせそうです。

Aergilityの設計チームは、コンピュータシミュレーションによる数千時間ものクロックアップを経て、カーボンファイバーとアルミニウムで1/4スケールのプロトタイプ機を実際に製作、飛行実験を行っています。

2018年7月現在、プロジェクトは次の段階に移行しつつあり、原寸大のプロトタイプを製作中とのことです。プロトタイプ機は2019年にも完成する模様です。

法律の問題や事故リスクの問題など、ドローンによる無人配達サービスには乗り越えるべき壁がいくつも存在しますが、ATLISが実用化されれば、物流業界に大きなインパクトとなること間違いなしでしょう。

NEWS

創業50周年のIntel、2018機のドローンパフォーマンスでギネス記録達成

NEWS

ホリエモンも出資した日本初のプロドローンレースチーム、中国リーグ初戦で3位!

NEWS

ドローン導入で薬品噴霧量3割減 南アフリカでもドローンの農業応用進む

NEWS

マジックのタネから生まれたドローン傘「DroneBrella」

NEWS

時速161キロで飛行する宅配ドローンの開発が進行中

NEWS

警察のドローン導入について回るプライバシー問題 警察長「私も嫌だ」

NEWS

Amazonが取得した、宅配ドローンを守るための特許とは?

NEWS

1フライトから適用できるドローン保険、運営会社が300万ドル調達

© DRONE NEWS