猛暑にはこれ!ドローンのプロペラ技術を応用したポータブル扇風機「BLUEFEEL」が発売

モバイルケースやアクセサリーの販売を手掛ける株式会社ロア・インターナショナルは7月10日、ポータブル扇風機「BLUEFEEL」を発売しました。

ポータブル扇風機といえば、風量の弱さが弱点としてよく挙げられますが、BLUEFEELはドローンのプロペラに利用される強力なモーターで、最大風速11m/sにもなる強力な風を生み出します。風量は超弱風、弱風、強風、超強風の4段階で切り替え可能です。

ドローンのプロペラ技術を応用と聞くと、ドローンのように数十分しか稼働できないのでは、と思ってしまいがちですが、扇風機ではドローンのように機体の制御が必要ないこと、プロペラが1つであること、バッテリーの体積比率を高くできること、さすがにドローンほどの出力で回転させると推進力が生まれてしまうことなどの理由から、ドローンとは違い最大24時間動作可能です。

充電は付属のUSBケーブルを通して行い、3時間30分でフル充電可能です。バッテリーの耐久度としては、約1000回の繰り返し充電が可能になっています。

価格は3,300円(税抜)で、本体カラーにはマカロンピンク、スノーホワイト、スペースグレーの3色が用意されています。購入は公式オンラインショップから可能です。

クラウドファンディングサイトMakuakeでは、目標額の38倍以上となる約768万円の出資を集めた注目のポータブル扇風機、これからの暑い季節の必需品となるかもしれません。

(画像:ロア・インターナショナル)

NEWS

テラドローンと早稲田大学が従来の1/3の低価格UAVレーザシステム「Terra Lidar」を共同開発

NEWS

世界最軽量の赤外線カメラ搭載ドローン「デュアルサーチ200」登場!

NEWS

業界初!ドローンレンタル「ドロサツ!!」で飛行支援地図サービス「SORAPASS」提供開始

NEWS

DJI 、「農業ワールド」に自動航行機能搭載のAGRAS MG-1新モデルを初出展

NEWS

ドローンの夜間飛行用に強力LED「スカイサーチライト」を発売 ドローンネット

NEWS

CFD販売がトイドローン「TELLO」の初心者向け体験セットを発売

NEWS

ドローンで水難事故での人命救助が可能になる「スカイライフジャケット」が販売開始

NEWS

水中ドローン「BW Space」がクラウドファンディング「Makuake」で限定先行販売開始

© DRONE NEWS