ドローンフィッシングで釣り上げたのは277キロのサメ!

「ドローンフィッシング」が、にわかに注目を集めています。ドローンフィッシングは、釣りのキャスティングをドローンで行うことによって、通常では到底飛ばせない場所まで餌を落とすして釣りを行う方法です。

ドローンフィッシングのパッケージを販売する「dronefishing.com」では、Facebookページにドローンフィッシングで釣り上げた魚の写真を公開しています。中には体重277キロにもなるサメの写真をはじめ、沖まで行かないとなかなかつれなかったような魚の写真も上がっています。

Dronefishing.comでは、DJI PhantomおよびMavic Proを利用した、ドローンフィッシングパッケージを販売しています。

Phantom 3、4、Mavic Proを所有しているユーザーならば、ドローンフィッシングシステムを約150〜160ドルで購入可能です。一連の装置はわずか数分でドローンに装着可能で、あとは約450m先まで釣り餌をキャスティング可能です。

Mavic Proの場合、最大450グラムの餌を運ぶことが可能です。正確な数字は出ていませんが、Phantom 3と4ではさらに重い餌を運べるようです。

Facebookでの記述によれば、ここで紹介されている魚は、その後海に再びリリースされているようです。

なかなか面白い試みのように見えるドローンフィッシングですが、日本国内で使用する際には注意が必要です。航空法をはじめ、各種法令に抵触しないよう十分確認の上、注意してドローンを飛ばすようにしましょう。

NEWS

創業50周年のIntel、2018機のドローンパフォーマンスでギネス記録達成

NEWS

ホリエモンも出資した日本初のプロドローンレースチーム、中国リーグ初戦で3位!

NEWS

ドローン導入で薬品噴霧量3割減 南アフリカでもドローンの農業応用進む

NEWS

マジックのタネから生まれたドローン傘「DroneBrella」

NEWS

時速161キロで飛行する宅配ドローンの開発が進行中

NEWS

警察のドローン導入について回るプライバシー問題 警察長「私も嫌だ」

NEWS

Amazonが取得した、宅配ドローンを守るための特許とは?

NEWS

1フライトから適用できるドローン保険、運営会社が300万ドル調達

© DRONE NEWS