ドローンフィッシングで釣り上げたのは277キロのサメ!

「ドローンフィッシング」が、にわかに注目を集めています。ドローンフィッシングは、釣りのキャスティングをドローンで行うことによって、通常では到底飛ばせない場所まで餌を落とすして釣りを行う方法です。

ドローンフィッシングのパッケージを販売する「dronefishing.com」では、Facebookページにドローンフィッシングで釣り上げた魚の写真を公開しています。中には体重277キロにもなるサメの写真をはじめ、沖まで行かないとなかなかつれなかったような魚の写真も上がっています。

Dronefishing.comでは、DJI PhantomおよびMavic Proを利用した、ドローンフィッシングパッケージを販売しています。

Phantom 3、4、Mavic Proを所有しているユーザーならば、ドローンフィッシングシステムを約150〜160ドルで購入可能です。一連の装置はわずか数分でドローンに装着可能で、あとは約450m先まで釣り餌をキャスティング可能です。

Mavic Proの場合、最大450グラムの餌を運ぶことが可能です。正確な数字は出ていませんが、Phantom 3と4ではさらに重い餌を運べるようです。

Facebookでの記述によれば、ここで紹介されている魚は、その後海に再びリリースされているようです。

なかなか面白い試みのように見えるドローンフィッシングですが、日本国内で使用する際には注意が必要です。航空法をはじめ、各種法令に抵触しないよう十分確認の上、注意してドローンを飛ばすようにしましょう。

NEWS

ドローンによる空港閉鎖が相次ぐ ドバイ国際空港で離陸が30分間停止

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

翼幅38メートルの大型・高高度ドローンでマッピングや自然観測 イギリス

NEWS

参加条件は脳みそがあることだけ!「脳波ドローンレース」が南フロリダ大学で開催

NEWS

サーマルカメラ搭載のドローンで地雷探知 ニューヨークの大学生が開発

NEWS

ドローンで違法薬物を刑務所に届けようとした男、逮捕され自分が刑務所へ イギリス

NEWS

パラシュートの紐の間をドローンがくぐり抜ける!「GoPro Million Dollar Challenge」受賞動画が必見

NEWS

DARPA、海底で作業を行う全自動ドローンの開発者を募集

© DRONE NEWS