ドローンフィッシングで釣り上げたのは277キロのサメ!

「ドローンフィッシング」が、にわかに注目を集めています。ドローンフィッシングは、釣りのキャスティングをドローンで行うことによって、通常では到底飛ばせない場所まで餌を落とすして釣りを行う方法です。

ドローンフィッシングのパッケージを販売する「dronefishing.com」では、Facebookページにドローンフィッシングで釣り上げた魚の写真を公開しています。中には体重277キロにもなるサメの写真をはじめ、沖まで行かないとなかなかつれなかったような魚の写真も上がっています。

Dronefishing.comでは、DJI PhantomおよびMavic Proを利用した、ドローンフィッシングパッケージを販売しています。

Phantom 3、4、Mavic Proを所有しているユーザーならば、ドローンフィッシングシステムを約150〜160ドルで購入可能です。一連の装置はわずか数分でドローンに装着可能で、あとは約450m先まで釣り餌をキャスティング可能です。

Mavic Proの場合、最大450グラムの餌を運ぶことが可能です。正確な数字は出ていませんが、Phantom 3と4ではさらに重い餌を運べるようです。

Facebookでの記述によれば、ここで紹介されている魚は、その後海に再びリリースされているようです。

なかなか面白い試みのように見えるドローンフィッシングですが、日本国内で使用する際には注意が必要です。航空法をはじめ、各種法令に抵触しないよう十分確認の上、注意してドローンを飛ばすようにしましょう。

NEWS

ドローンと災害対応 CyPhy Worksが進化した"PARC"でハリケーンに立ち向かう

NEWS

インドで血液製剤のドローン配送がスタートへ 2019年の実用化目指す

NEWS

米Eversource Energy、3州でドローンによる電力設備点検を実施へ

NEWS

中国最大規模のドローン複合施設が上海郊外に誕生

NEWS

Flytrex、米国のゴルフ場でドローンフードデリバリーサービス開始

NEWS

フォード、エンジン工場の設備点検にドローン導入 12時間の作業時間が12分に短縮

NEWS

AT&Tがプエルトリコで医療用品のドローン配送をテスト

NEWS

DJI、待望の新作ドローン「Mavic 2 Pro/Zoom」発表

© DRONE NEWS