鹿島建設 水面浮上型のドローンを用いてサンゴ礁を調査 慶良間諸島で試験

鹿島建設株式会社が、水面に浮上して水中生物の生息環境や地形情データを短時間で調査可能な水面浮上型ドローン「SWANS」(スワンズ)を完成したと発表しました。

同社は、生物多様性維持のため、2013年にサンゴ群落の再生を図る技術である「コーラルネット®」の開発を行い、沖縄県の慶良間諸島周辺でサンゴを再生させる環境保全の取り組みを行っています。

今回、SWANSを用いて、サンゴの生息分布や、同技術を用いた再生の程度の調査を効率よく実施しました。サンゴ礁の調査にドローンを用いるのは業界としては初めてとされています。

SWANSは、浅い海域での水中生物及び地形調査に用いる防水性を有するドローンです。周辺部の4ヵ所と中央に浮力を有し、水面へ安定して着水することができます。

慶良間諸島周辺でのSWANSの実証テストは、同技術を使用したサンゴ再生区域を含め、約5,000平方メートルのサンゴ礁で実施しました。

上空からの撮影した映像で暗礁部を見つけ、操縦者が定めた地点まで飛行して着水後、水中を撮影しつつ水面を移動し、サンゴの生息分布や、その種類の判定まで可能なことを確認しました。

同社は、今後の計画としてSWANSを使用した詳しい調査でサンゴの海底地図を製作して、同技術の有効性の高い配置計画を策定し、サンゴ群落の再生に活用したいと考えています。

NEWS

5G通信とスマートドローンを日本酒作りに活用 KDDIらが実証事業開始

NEWS

長崎県五島市、JDC加入でドローン活用の取り組み本格化へ 実証実験の場としても名乗り

NEWS

徳島県那賀町、3Dマップ駆使した孤立集落へのドローン配送実験実施へ

NEWS

石川県がドローンによる農林業効率化技術開発へ 補正予算7700万円計上

NEWS

ドローン物流網の確立と事業化を目指し、ゼンリン、KDDI、伊那市が実証実験へ

NEWS

イタリアで配送実験中の陸上ドローン「Yape」 日本でも実証実験開始へ

NEWS

諏訪湖の鳥害対策にドローン活用 県内団体参加で実験

NEWS

ドローン航行管理ソフト「TERRA UTM」App Storeでのアプリ提供を開始

© DRONE NEWS