水中ドローンの販売へ スペースワンが調査や水難救助を想定 福島県

小型無人機ドローン関連事業を手掛けている福島県郡山市に拠点を構える株式会社スペースワンが、水中ドローンの製造と販売事業を展開している中国の潜行科技と国内におけるパートナー契約を締結しました。

早ければ2018年5月中にも、全国において同ドローンの販売を始めることにしているとのことで、スペースワンが2018年5月14日に発表しました。

同社が販売を予定しているドローンは、潜行科技が製造しているグラディウスです。深さ100メートルまで潜航して作業が可能であり、4Kでの高画質な写真や動画を撮影することができます。

同ドローンの操縦は無線を経由し、通信ケーブルを使用して本体を動かします。同社では、企業や自治体向けに、河川や海底における調査、ダムの老朽の程度調査、水難時の救助、水産養殖場での監視などでの利用を想定しています。

 趣味の世界においても、釣り、ダイビング、生物の撮影などに幅広く用いられると見込んでいます。

 郡山地方広域消防本部では、同ドローンが災害発生時に利用可能かの実証試験を行っており、2018年5月31日に実施を予定している水難救助訓練において、デモ潜行を実施することが決まっています。

同社では、使用方法についての説明会や講習会も開く予定にしています。

NEWS

ドローンでの測量は意外と難しい? 最新の測量技術を体験 関商工高生 岐阜

NEWS

ドローン 大雨の中でも飛行できるか 防災科学技術研究所が国内初の実験

NEWS

アワビ、イセエビを密漁する暴力団や外国船 ドローンで監視 徳島大

NEWS

ドローン 山岳救助や鳥獣駆除で実用化に向けて実験 あきる野市 東京

NEWS

ドローンで上空から稲の種蒔き 東広島市で実証テスト

NEWS

災害時の状況確認に 多久市消防団が「ドローン隊」を結成 佐賀県

NEWS

災害時や労働安全にドローン利用を 国交省などが取り組みを報告

NEWS

鹿島建設 水面浮上型のドローンを用いてサンゴ礁を調査 慶良間諸島で試験

© DRONE NEWS