イリノイ州で公的機関のドローン使用に関する新法制 市民のプライバシーへの懸念も

イリノイ州では、公的機関がドローンを利用するための法案がまもなく施行されるようです。この法案によって、犯罪行為の特定、デモの参加人数と動きの把握、パトロール、交通インフラの状況調査などにドローンを利用することが可能になります。

これによって業務が非常に効率的で生産的になる一方、市民のプライバシーの問題が常について回ります。新法案でのドローン使用は、公共の安全と群衆制御のツールとしての目的のみ制限されており、警察がドローンに催涙ガス、スタンガン、またはあらゆる種類の発射体を装備することを禁じていますが、いまだ議論は絶えません。

イリノイ州デカルブ郡警察では、ドローン利用の拡大に伴う潜在的なプライバシー侵害に対して十分理解しているものの、ドローン導入によって得られる恩恵がその懸念を上回るものであるとしています。

法案では、警察がドローンを1機でも所有している場合は、イリノイ州刑事司法情報局に、ドローンを配備した回数と目的を示す年次報告書を提出する必要ががあります。また、連邦航空局による規制にも従う必要があります。

NEWS

SUSCが「ドローン安全運用宣言 認証制度」を制定。関連法令の遵守や安全第一のドローン運用へ

NEWS

国土省がドローンの酒気帯び操縦禁止のための航空法改正を検討

NEWS

カナダ政府が2019年6月1日から新しいドローン規制法を施行。ドローン詳細の登録や飛行規則順守を義務化

NEWS

国土省がインフラの法定点検の目視要件を緩める方針を決定。ドローンなど新技術の普及を促すのが狙い

NEWS

セキドが「ドローンフライト許認可シール」発売!ヘルメットに貼るだけで国土省認可を周囲にアピール

NEWS

イリノイ州で公的機関のドローン使用に関する新法制 市民のプライバシーへの懸念も

NEWS

松本城周辺でドローン飛行 目撃相次ぐ 日本語と英語で松本市が張り紙 長野

NEWS

昨年摘発したドローンの違法飛行は68件に 前年からは倍増 警察庁

© DRONE NEWS