病害虫の予防駆除にドローン 中山間地で実験 長野県

長野県は2018年度、中山間地にある田畑でドローンを使用した病害虫の予防駆除を行う実証テストを実施します。

基盤整備が行われた平地と比較して、耕作面で難点のある中山間地で、機敏な飛行が可能なドローンを使って予防駆除の効率や費用などを確認します。

県によりますと、県内の農家が所有している耕地面積の中で、中山間地は実に54%を占めているといいます。

中山間地では、農家の高年齢化や労働力の不足が深刻で、効率の高い予防駆除の方法を編み出し、農作業の継続に繋げることが狙いです。

実証テストでの散布は、さいたま市の関東甲信クボタに委託し、米と麦で各1ヵ所の田畑で行います。

直径が約1.5メートルのドローンに薬剤が入ったタンクを積み、作物から2メートル程度の高さから散布して、その後、薬剤の散布具合や病害虫の発生状況などを確認します。

予防駆除作業に必要な時間、操作の容易さ、費用と効果のバランスなども調べ、3年間のうちに2年までデータを収集し、残りの1年で普及に移行させる計画です。

大規模農地では、1回で広範囲を予防駆除できる無線によるヘリコプターを使って、効率化を目指しているところもありますが、中山間地では地理的な制約から導入が困難です。

県の農業技術課では「将来は自動的に飛行ができれば、農家の負担を大きく減らすことができる。生産性向上や高品質な作物の安定した生産につなげたい」としています。

NEWS

ドローンでの測量は意外と難しい? 最新の測量技術を体験 関商工高生 岐阜

NEWS

ドローン 大雨の中でも飛行できるか 防災科学技術研究所が国内初の実験

NEWS

アワビ、イセエビを密漁する暴力団や外国船 ドローンで監視 徳島大

NEWS

ドローン 山岳救助や鳥獣駆除で実用化に向けて実験 あきる野市 東京

NEWS

ドローンで上空から稲の種蒔き 東広島市で実証テスト

NEWS

災害時の状況確認に 多久市消防団が「ドローン隊」を結成 佐賀県

NEWS

災害時や労働安全にドローン利用を 国交省などが取り組みを報告

NEWS

鹿島建設 水面浮上型のドローンを用いてサンゴ礁を調査 慶良間諸島で試験

© DRONE NEWS