DJI、警察へのドローン販売でセキュリティ企業Axonと提携

DJIと米セキュリティ関連企業Axonは6月5日、Axon社が運営するプログラムAxon Airを通して警察にDJI製のドローンを販売するための提携を結んだことを発表しました。

このプログラムを通じてAxonは、警察や法執行機関へドローンの購入と、クラウドサービスにアクセスできるプラットフォームを提供します。まず手始めに、DJIとAxonはプロフェッショナル向けドローンのMatrice 210と、より一般消費者に向けられたモデルであるPhantom 4 Proを販売します。

Axonは長年警察機構のハードウェアサプライヤーとして契約を結んでおり、警察への販路を持っています。そこへ警察へのドローン導入を拡大したいDJIとの利害が一致し今回の提携に至ったとのことです。

Axon Airプログラムを通じドローン購入においてかかる金額は明らかになっていませんが、購入希望の警察担当者はAxonのウェブサイトから情報を申請することが可能です。一般的に、Matrice 210は7,999ドルから、Phantom 4 Proは1,299ドルから販売されています。

NEWS

ドローンと災害対応 CyPhy Worksが進化した"PARC"でハリケーンに立ち向かう

NEWS

インドで血液製剤のドローン配送がスタートへ 2019年の実用化目指す

NEWS

米Eversource Energy、3州でドローンによる電力設備点検を実施へ

NEWS

中国最大規模のドローン複合施設が上海郊外に誕生

NEWS

Flytrex、米国のゴルフ場でドローンフードデリバリーサービス開始

NEWS

フォード、エンジン工場の設備点検にドローン導入 12時間の作業時間が12分に短縮

NEWS

AT&Tがプエルトリコで医療用品のドローン配送をテスト

NEWS

DJI、待望の新作ドローン「Mavic 2 Pro/Zoom」発表

© DRONE NEWS