防災対策にドローン航空隊 豊川市が飛行訓練を実施 愛知

災害発生時などに小型無人機“ドローン”を活かす、豊川市職員で編成された市の防災ドローン航空隊による飛行訓練が2018年5月10日、同市萩町にある音羽運動公園で実施されました。

2018年度になって新しく隊員として編入された区画整理課やスポーツ課の職員などの15人が、ドローンについての法律を学習したり、操縦の練習にあたったりする取り組みが行われました。

同隊は、2017年度に17名の消防職員などで結成され、2018年度には新しく15名の隊員を追加し、新規隊員を加えて計32人の体制となりました。

訓練は、災害時などでのドローン利用のために必要とされる基礎的な知識や技術を習得することを目的として実施されました。

具体的な訓練プログラムとして、航空隊の運用概説、運用指針の説明、航空法などの基礎的な知識の習得や機材についての説明、飛行訓練などが含まれました。

訓練で操縦にあたった、区画整理課に勤める佐々木博文係長(51歳)は「思っていたよりも落ち着いて操縦することができた。できるだけ早く業務に生かすことができるように努めたい」と話しました。

市によりますと、同隊の災害発生などでの出動の実績はまだないとのことですが、火災現場で出火原因を調査することを目的として、数度の出動実績があるといいます。

NEWS

函館市のアサヒ商会がドローンを使った巡回・輸送システムを販売。農場やキャンプ場の巡回・管理や軽量荷物の配達を想定

NEWS

ドローンが水難被災者へライフジャケットを届けるサービス開始!ドローンネットが救助活動にドローンを活用

NEWS

FullDepthが水中ドローン「FullDepth DiveUnit300」を使い茨城県の花貫ダムでダム点検実証試験を実施。ダム上流側壁面の網羅的撮影に成功

NEWS

テラドローンとヤナイ・ソフトウエアーがドローンを用いた屋根点検・積算事業で提携

NEWS

岡山理科大と電源開発がドローンによる電力設備の保守点検を行う「電力設備自動撮影技術」を開発

NEWS

ANAHDと福岡市が唐泊港から玄界島までドローンで物品を運ぶ実証実験を実施

NEWS

バイエルクロップサイエンス、中国XAG、XAIRCRAFT JAPANの3社がドローンを活用した日本の農業経営の効率化で提携

NEWS

ウェザーニューズとKDDIがドローン運航をサポートする高精細気象予測システムを開発。気象要因による事故の予防に大きく貢献

© DRONE NEWS