TIME誌の表紙をドローンで再現、ドローンで撮影し、ドローン特集号の表紙に

インテルのドローン部門がTIME誌とのコラボレーションにより、ドローン958機を使ってTIMEの表紙を再現し、6月11日に発売される実際のドローン特集号の表紙とするためのパフォーマンスを行いました。プレスリリースによると、TIME誌95年間の歴史の中で、航空機によって表紙が再現されたのは初めてとのことです。

当日は強風に加え、許可された高度が最大400フィート(約122メートル)と低く、ドローンをかなり接近させての飛行となり、常に接触の危険性がある状態でのチャレンジとなりましたが、見事成功裏に終わりました。

今回のパフォーマンスを監督したティム・ヒース氏は「十分な解像度を得ようとすれば機体を接近させなければならない。通常では最大3メートルの機体間隔が望ましいが、今回は1.5メートルまで接近させなければならなかった。もし衝突があれば、玉突き的に多くの機体が巻き込まれていたかもしれない」と語っています。

また、ドローンで完成した表紙もまた、ドローンで撮影されています。TIME誌の表紙がドローンで撮影されたのも、95年の歴史の中で初めてのことです。

(画像:YouTube/ TIME)

NEWS

アイスランドで運用中のドローン宅配便、対象地域拡大を計画中か

NEWS

DJI、警察へのドローン販売でセキュリティ企業Axonと提携

NEWS

英国で新たなドローン法制が施行 ドローン飛行にオンラインテスト合格が必須に

NEWS

TIME誌の表紙をドローンで再現、ドローンで撮影し、ドローン特集号の表紙に

NEWS

中国で食事のドローン配達サービスが承認 注文から20分以内の配達が可能に

NEWS

オハイオ州で”ドローン宅急便”の運用実験 米政権のドローンプログラム

NEWS

Appleマップをドローンで改善へ Appleがノースカロライナ州で実験開始

NEWS

UBER、パリにドローンタクシーの研究拠点を開設へ

© DRONE NEWS