Appleマップをドローンで改善へ Appleがノースカロライナ州で実験開始

AppleはAppleマップの改善のため、ドローンによる詳細な空撮映像を利用することを計画しています。まずはノースカロライナ州において、トランプ政権主導のドローン運用実験の一部として実行され、今後規制が緩和されれば順次世界中に拡大していく予定です。

米国運輸省は、増加の一途をたどるドローン需要に伴い、全米でのドローン運用実験を発表しています。食糧の配達から蚊の検出に至るまで多岐にわたる分野で行われるこれらのテストプロジェクトは、米国でのドローン産業の範囲を拡張し、より適切な形の規制を実現することを目的としています。

Appleの広報担当者によると、同社はAppleマップを改善するために世界中の空撮画像と地上画像の両方を収集することを目標としており、まもなくドローンを使用して空撮を開始していくとのことです。

AppleがマップアプリにおいてGoogleに対抗していきたいなら、これらのデータベースの大幅な強化は必然的なことだと思われます。

ただ、ノースカロライナ州での実験に関しては撮影される市民のプライバシー保護の問題も取りざたされています。Appleは問題ないとしており、公開前にすべての顔やナンバープレートをぼかす処理を行うなど、プライバシーを守ることに全力を尽くしていくとのことです。

NEWS

アイスランドで運用中のドローン宅配便、対象地域拡大を計画中か

NEWS

DJI、警察へのドローン販売でセキュリティ企業Axonと提携

NEWS

英国で新たなドローン法制が施行 ドローン飛行にオンラインテスト合格が必須に

NEWS

TIME誌の表紙をドローンで再現、ドローンで撮影し、ドローン特集号の表紙に

NEWS

中国で食事のドローン配達サービスが承認 注文から20分以内の配達が可能に

NEWS

オハイオ州で”ドローン宅急便”の運用実験 米政権のドローンプログラム

NEWS

Appleマップをドローンで改善へ Appleがノースカロライナ州で実験開始

NEWS

UBER、パリにドローンタクシーの研究拠点を開設へ

© DRONE NEWS