昨年摘発したドローンの違法飛行は68件に 前年からは倍増 警察庁

全国の警察が違法飛行などにより、航空法違反の容疑で摘発した小型無人機ドローンが関係した事件が、2017年の1年間で68件だったことが4月5日に警察庁の調べで分かりました。

2016年の36件からは、ほぼ倍増したことになります。摘発された人数も37人から77人に増加しました。

ドローンは、これから物流分野などをはじめとして、多くの分野で活用が見込まれるとともに、飛行規則の徹底が望まれています。

航空法では、空港周辺や人口が集中した地区の上空などを飛行禁止空域と定めており、許可なくドローンを飛ばすことは禁じられています。

また、飛行方法としてドローンの運用規則も定められており、目視の範囲内での飛行に制限したり、飛行可能な時間帯を日中のみとしたりするように求めています。

人口が密集した地区や夜間に飛ばしたい場合には、国土交通省へ申請を行い許可が必要となります。

摘発の内容は、許可なく人口密集地で飛ばすなどの飛行禁止空域に関するものが43件、許可なく夜間に飛行するなどの飛行方法に関するものが33件でした。このうち重複は8件でした。

姫路城をはじめとして有名な観光地では、外国人による違反行為のケースもあり、警察庁では「まだ広く周知されていない可能性がある」といい、法令の理解に課題があるとしています。

NEWS

セキドが「ドローンフライト許認可シール」発売!ヘルメットに貼るだけで国土省認可を周囲にアピール

NEWS

イリノイ州で公的機関のドローン使用に関する新法制 市民のプライバシーへの懸念も

NEWS

松本城周辺でドローン飛行 目撃相次ぐ 日本語と英語で松本市が張り紙 長野

NEWS

昨年摘発したドローンの違法飛行は68件に 前年からは倍増 警察庁

NEWS

KDDIなど ドローンの編隊が空から犯罪を見逃さず監視

NEWS

大規模災害時のドローン運用 県内12カ所で飛行禁止 静岡県

NEWS

国交省 ドローンの飛行許可承認手続のオンラインサービスを4月2日に開始へ

NEWS

国交省 ドローンポートに指針、3月末策定へ ポートの軽量化と製造費用が課題

© DRONE NEWS