DJI、建設中の新本社はドローンが飛び出すブリッジを備えた「ドローンタワー」

大規模な建築デザインを手掛けるFoster+Partnersは、中国・深センで現在建設中のDJI新本社ビルのイメージ動画を公開しました。

「Phantom」、「Mavic」、「Inspire」、「Spark」など、人気シリーズを多く抱える業界最大手企業は、「空の上の創造的コミュニティ」をコンセプトにした新本社を構えようとしています。

2つの建物をつなぐブリッジが印象的な建物は、オフィススペースのほか、研究開発スペースや公共スペースの機能を持ち合わせています。新しいドローンの設計を1スペースで進めるだけでなく、体育館や「ロボット闘技場」など、社員の余暇時間のためのさまざまな設備も併設されています。

また、新作ドローンを発表するための施設も含まれています。一般向けにも、建物の1階で、FPVゴーグルなどDJIの最新製品の展示を楽しむことが可能です。

近年、DJIの他にも、印象的なデザインのオフィスを建設するテクノロジー企業が増えています。カリフォルニア州のApple Parkのほか、Facebookのシリコンバレーオフィス、Amazonはシアトルに「Sphere」と名付けた複合施設を開設しました。また、Googleは現在ロンドンに「Landscraper」なるオフィスを建設中です。

NEWS

ドローンと災害対応 CyPhy Worksが進化した"PARC"でハリケーンに立ち向かう

NEWS

インドで血液製剤のドローン配送がスタートへ 2019年の実用化目指す

NEWS

米Eversource Energy、3州でドローンによる電力設備点検を実施へ

NEWS

中国最大規模のドローン複合施設が上海郊外に誕生

NEWS

Flytrex、米国のゴルフ場でドローンフードデリバリーサービス開始

NEWS

フォード、エンジン工場の設備点検にドローン導入 12時間の作業時間が12分に短縮

NEWS

AT&Tがプエルトリコで医療用品のドローン配送をテスト

NEWS

DJI、待望の新作ドローン「Mavic 2 Pro/Zoom」発表

© DRONE NEWS