橋梁点検に対応したドローンを開発 幅0.05ミリのひび割れも検知 川田テクノロジーズなど

川田テクノロジーズは、大日本コンサルタントと産業技術総合研究所などと共同で、橋の点検に対応したドローン「マルコ」を開発したと発表しました。

風の影響があっても安定に飛行が行え、搭載したカメラで、建築物の微細なひび割れを見つけることができます。

この開発はNEDOのインフラ維持管理・更新等の社会課題対応システム開発プロジェクトの一環として行われました。

マルコは、橋のまわりで発生する風向、風速の複雑な変化に優れた応答性で対応する回転翼を備えており、点検に際しては、搭載したカメラによって橋のひび割れを0.05ミリの幅まで判別することができます。

機体と点検対象の位置関係が分かりづらい状況でも鮮明な画像を維持できるよう、対象に近づくと、自動的に距離を縮め、距離を一定に維持する制御機能を備えています。

機体の上昇と下降の速度を一定にする機能があり、明るさが不足している場合は搭載しているLEDを点灯して、対象を明るく映し出します。

現場で運搬を行いやすいように、橋点検用のドローンとして小型となる90センチ四方に抑えました。運搬の際は部分的に折畳め、52センチ四方まで小さくできます。

今後10年で、建設後50年以上が経つ道路橋が倍増し、国内の約73万橋の中で約半数が50年以上の経年になります。

橋の管理を行う自治体では、橋の点検は時間やコストの負担が大きく、点検が必要な対象が増大する一方で技術者が不足しています。川田テクノロジーズでは、マルコの利用を提案して問題の解決につなげたい考えです。

NEWS

史上初、京東集団が上海蟹のドローン配送を開始 生鮮宅配に革新

NEWS

原子力防災訓練でドローン活用、ヘリとの衝突回避実験も 愛媛県

NEWS

長崎県五島市で内閣府のドローンによる離島間物流の実証事業実施 事業費の1/2は国が負担!

NEWS

ドローンラボと天馬諮問株式会社、災害救急現場でのドローンによる映像伝送の実証実験スタート

NEWS

賞金200万円!経済産業省と山九株式会社、高所作業用ドローン新技術提案のコンテスト開催

NEWS

ANAらが福岡の離島でドローンによる生活物資配送の実証実験に参画

NEWS

青森市に産学官金連携による組織「あおもりドローン利活用推進会議」設立

NEWS

慶応義塾大学湘南藤沢キャンパスでイタリアの陸上用ドローン「YAPE」の実証実験を実施

© DRONE NEWS