ブイキューブロボティクスがドローンでいちごを運搬 熊本

業務用ドローンを利用した問題解決方法を提供しているブイキューブロボティクスは2018年3月28日、ドローンでの災害時の物資運搬という視点から、ドローンを利用したいちごの運搬を検証する試験を実施しました。

これは農園から摘んだばかりのいちごを、宿泊所にドローンを用いて運搬するというものです。

検証試験では、災害により道路が寸断されたというシナリオで、木之内農園から宿泊所の蘇山郷に、摘んだばかりのいちごをドローンに積み込み、運びました。

8パックのいちごをドローンに載せ、ドローンは自動的に離陸して事前に設定されていた約1キロ離れた宿泊所に約7分かけて飛行し、自動的に着陸しました。

運搬では、いちごの形状を崩さず、目的地まで無難に運搬できることを確認しました。

この検証試験は、「食農グリーンツーリズム」のコンセプトのもと、農林中央金庫、リクルートライフスタイル、ABC Cooking Studio、農協観光が、2016年に発生した熊本地震で被害を受けた熊本県と大分県の復興を継続して支援することを目的として支援事業を創設したもので、ブイキューブロボティクスが同事業に参画して実施されたものです。

2016年の熊本地震の際は、道路が遮断されたため、農家がいちごなどの生鮮品を止むを得ずに廃棄せざるを得ないことがあったといいます。

ブイキューブロボティクスでは実用化の時期は未定としていますが、ドローンを利用していちごを新鮮なうちに消費者まで届けるなど、災害発生時でも農産品の出荷ができることを目指すとしています。

NEWS

ドローン目視外飛行解禁を見越したリアルタイム気象観測システム「カザミドリ」

NEWS

西日本豪雨の被災地へ、コマツ、オプティム、ランドログの3社がドローン測量を無償提供

NEWS

ドローンと先進テクノロジーのさらなる融合を目指す会員制サービス「未来テック会員」募集開始

NEWS

交通量調査がAIとドローンで自動化!テラドローンが新ソフトウェアを発表

NEWS

埼玉県で国内初・光化学スモッグのドローン調査 上空のオゾン濃度を追跡

NEWS

登山者が携帯する電波発信機でドローンにSOS 遭難時の救助システムを立命館大が発表

NEWS

筑波大発のベンチャー、深海用水中ドローンレンタル事業を開始 低コストでの深海調査が可能に

NEWS

本田圭佑も投資家として参加!ドローン特化型ファンド「Drone Fund II」発表

© DRONE NEWS