ドローンを利用した測量に参入へ ドローン関連機器販売会社に出資 デンソー

デンソーは2018年4月10日に、ドローンを利用した測量事業へ今年度中にも参入すると発表しました。

デンソーは測量機器や計測器を販売する岩崎(札幌市)に出資を行い、ドローンで上空から撮影した映像を基に土の容積などを分析し、ユーザーに情報提供を行う事業を展開します。

建築や土木の業界では、人手不足が慢性化しており、ドローンを用いた技術によって省力化に対する需要の取り込みが急務となっています。

デンソーは測量事業の展開にあたって、このほど岩崎におよそ1億5,000万円の出資を行い、出資の割合は5%あまりの見込みです。

デンソーでは、全地球測位システムGPSが使用できない場所であっても、自動的に飛行することが可能であるなど、産業用として高性能なドローンの開発を行っています。

さらに、自動車開発で磨いた技術をもとに、人工知能AIを応用した画像解析の技術にも優位性を持っています。

岩崎は、ドローンを用いて上空から撮影した映像をもとにして、三次元の測量データを生成するi-Constructionに対応した問題解決手段を提供しており、土の容積などを分析する手法を有しています。

今後、両社が有する独自の知見を組み合わせ、ドローンを利用した測量事業を幅広く展開することにしています。

NEWS

ドローン“長時間飛行”研究 従来の3倍である30分の飛行に成功 星山工業

NEWS

橋梁点検に対応したドローンを開発 幅0.05ミリのひび割れも検知 川田テクノロジーズなど

NEWS

ブイキューブロボティクスがドローンでいちごを運搬 熊本

NEWS

ドローンを利用した測量に参入へ ドローン関連機器販売会社に出資 デンソー

NEWS

ドローン利用へ協定を締結 八千代市、八千代署が地元企業と 千葉

NEWS

ドローンの開発拠点が開所 西日本で初めて 民間企業を誘致して産業振興へ 大分市

NEWS

ドローンで鉄道設備検査の実証試験を実施 ドコモと東武鉄道

NEWS

ドローンから農薬散布 香春町でデモンストレーション飛行 省力化や安全性が魅力 福岡県

© DRONE NEWS