ドローンを利用した測量に参入へ ドローン関連機器販売会社に出資 デンソー

デンソーは2018年4月10日に、ドローンを利用した測量事業へ今年度中にも参入すると発表しました。

デンソーは測量機器や計測器を販売する岩崎(札幌市)に出資を行い、ドローンで上空から撮影した映像を基に土の容積などを分析し、ユーザーに情報提供を行う事業を展開します。

建築や土木の業界では、人手不足が慢性化しており、ドローンを用いた技術によって省力化に対する需要の取り込みが急務となっています。

デンソーは測量事業の展開にあたって、このほど岩崎におよそ1億5,000万円の出資を行い、出資の割合は5%あまりの見込みです。

デンソーでは、全地球測位システムGPSが使用できない場所であっても、自動的に飛行することが可能であるなど、産業用として高性能なドローンの開発を行っています。

さらに、自動車開発で磨いた技術をもとに、人工知能AIを応用した画像解析の技術にも優位性を持っています。

岩崎は、ドローンを用いて上空から撮影した映像をもとにして、三次元の測量データを生成するi-Constructionに対応した問題解決手段を提供しており、土の容積などを分析する手法を有しています。

今後、両社が有する独自の知見を組み合わせ、ドローンを利用した測量事業を幅広く展開することにしています。

NEWS

ドローン目視外飛行解禁を見越したリアルタイム気象観測システム「カザミドリ」

NEWS

西日本豪雨の被災地へ、コマツ、オプティム、ランドログの3社がドローン測量を無償提供

NEWS

ドローンと先進テクノロジーのさらなる融合を目指す会員制サービス「未来テック会員」募集開始

NEWS

交通量調査がAIとドローンで自動化!テラドローンが新ソフトウェアを発表

NEWS

埼玉県で国内初・光化学スモッグのドローン調査 上空のオゾン濃度を追跡

NEWS

登山者が携帯する電波発信機でドローンにSOS 遭難時の救助システムを立命館大が発表

NEWS

筑波大発のベンチャー、深海用水中ドローンレンタル事業を開始 低コストでの深海調査が可能に

NEWS

本田圭佑も投資家として参加!ドローン特化型ファンド「Drone Fund II」発表

© DRONE NEWS