DJIの新作ドローン「Phantom 4 Pro v2.0」発売 プロペラ音を60パーセント低減

商用ドローンで圧倒的な世界シェアを誇る最大手企業DJIが5月8日、主力の「Phantom」シリーズ最新作「Phantom 4 Pro v2.0」を新発売しました。

基本的なスペックはPhantom 4 Proから変わりありませんが、ローターの形状をリニューアルし、飛行時のプロペラ音を60パーセント低減することに成功しています。

Phatom 4 Pro v2.0では、コントローラーがリニューアルされ、以前のモデルで使用されていたLightbridgeシステムから、Mavi Proでも使用されているOcuSync方式を採用しています。

OcuSyncは、DJIのFPVレーシングゴーグル用の低遅延、高解像度ビデオ仕様に設計されており、旧システムと比較してより良いパフォーマンスを得ることができます。

それ以外の部分では、過去のPhantom 4 Proとほぼ同じ内容になっています。飛行時間は約30分間で、60フレーム4K動画を撮影可能、デザインも同じで、20メガピクセルのCMOSセンサーを備えています。

Phantom 4 Pro V2.0は現在DJIのサイトから通常パッケージが20万4000円で、23万9000円でディスプレイ一体型コントローラー同梱パッケージが購入可能です。

(画像引用:https://www.dji.com/)

NEWS

DJIの新作ドローン「Phantom 4 Pro v2.0」発売 プロペラ音を60パーセント低減

NEWS

富士通 ドローンで被災状況を迅速に共有 地図アプリを開発

NEWS

「DroneAgent」がビックカメラと提携を発表 店頭でのDJI製ドローンの販売支援・アフターサービスを開始

NEWS

人の声を聞き分けるドローンを開発 災害時の捜索に期待 東工大など

NEWS

ドローン管制システム「AirMap」の提供を開始 楽天AirMap

NEWS

卵型ドローン「PowerEgg」日本上陸 ダ・ヴィンチの黄金比ヒントに

NEWS

ソシオネクストがドローンの衝突回避センサー開発、2017年内実用化へ

NEWS

マクセル、ナイルワークスと共同でドローン用バッテリー開発

© DRONE NEWS