ドローン利用へ協定を締結 八千代市、八千代署が地元企業と 千葉

地元の宣伝や災害が発生した時の情報収集で小型無人機のドローンを利用しようと、八千代市および八千代署は2018年4月17日に、ドローンによる空撮などのサービスを提供している地元企業の株式会社D-LIFEと協定を締結しました。

同市によりますと、ドローンの利用に関して、市と警察署および地元民間企業が協定を締結するのは、県内では初めてといいます。

協定の締結では、服部友則市長、八千代署の星野雅春署長、同社の中里善晃社長が4月17日に同市役所にて、D-LIFEと協定書を取り交わしました。

市では2017年10月に行われた八千代ふるさと親子祭など、市内の催し物を空撮した画像をインターネット上で公開しており、市の宣伝につながることを期待しています。

同署では、ドローンを災害発生時における迅速な状況調査に利用するほか、事件の現場を空から俯瞰して撮影し、事件捜査にも活かしたい考えだといいます。

服部市長は「ドローンではこれまで見られないような動画を提供することができる。できるだけ有効に利用させていただきたい」と話しています。

D-LIFEは、ドローン撮影をはじめとして、PC修理、ホームページ制作などを行っている千葉県にある企業です。

NEWS

史上初、京東集団が上海蟹のドローン配送を開始 生鮮宅配に革新

NEWS

原子力防災訓練でドローン活用、ヘリとの衝突回避実験も 愛媛県

NEWS

長崎県五島市で内閣府のドローンによる離島間物流の実証事業実施 事業費の1/2は国が負担!

NEWS

ドローンラボと天馬諮問株式会社、災害救急現場でのドローンによる映像伝送の実証実験スタート

NEWS

賞金200万円!経済産業省と山九株式会社、高所作業用ドローン新技術提案のコンテスト開催

NEWS

ANAらが福岡の離島でドローンによる生活物資配送の実証実験に参画

NEWS

青森市に産学官金連携による組織「あおもりドローン利活用推進会議」設立

NEWS

慶応義塾大学湘南藤沢キャンパスでイタリアの陸上用ドローン「YAPE」の実証実験を実施

© DRONE NEWS