ドローン利用へ協定を締結 八千代市、八千代署が地元企業と 千葉

地元の宣伝や災害が発生した時の情報収集で小型無人機のドローンを利用しようと、八千代市および八千代署は2018年4月17日に、ドローンによる空撮などのサービスを提供している地元企業の株式会社D-LIFEと協定を締結しました。

同市によりますと、ドローンの利用に関して、市と警察署および地元民間企業が協定を締結するのは、県内では初めてといいます。

協定の締結では、服部友則市長、八千代署の星野雅春署長、同社の中里善晃社長が4月17日に同市役所にて、D-LIFEと協定書を取り交わしました。

市では2017年10月に行われた八千代ふるさと親子祭など、市内の催し物を空撮した画像をインターネット上で公開しており、市の宣伝につながることを期待しています。

同署では、ドローンを災害発生時における迅速な状況調査に利用するほか、事件の現場を空から俯瞰して撮影し、事件捜査にも活かしたい考えだといいます。

服部市長は「ドローンではこれまで見られないような動画を提供することができる。できるだけ有効に利用させていただきたい」と話しています。

D-LIFEは、ドローン撮影をはじめとして、PC修理、ホームページ制作などを行っている千葉県にある企業です。

NEWS

ドローン目視外飛行解禁を見越したリアルタイム気象観測システム「カザミドリ」

NEWS

西日本豪雨の被災地へ、コマツ、オプティム、ランドログの3社がドローン測量を無償提供

NEWS

ドローンと先進テクノロジーのさらなる融合を目指す会員制サービス「未来テック会員」募集開始

NEWS

交通量調査がAIとドローンで自動化!テラドローンが新ソフトウェアを発表

NEWS

埼玉県で国内初・光化学スモッグのドローン調査 上空のオゾン濃度を追跡

NEWS

登山者が携帯する電波発信機でドローンにSOS 遭難時の救助システムを立命館大が発表

NEWS

筑波大発のベンチャー、深海用水中ドローンレンタル事業を開始 低コストでの深海調査が可能に

NEWS

本田圭佑も投資家として参加!ドローン特化型ファンド「Drone Fund II」発表

© DRONE NEWS