ドローン利用へ協定を締結 八千代市、八千代署が地元企業と 千葉

地元の宣伝や災害が発生した時の情報収集で小型無人機のドローンを利用しようと、八千代市および八千代署は2018年4月17日に、ドローンによる空撮などのサービスを提供している地元企業の株式会社D-LIFEと協定を締結しました。

同市によりますと、ドローンの利用に関して、市と警察署および地元民間企業が協定を締結するのは、県内では初めてといいます。

協定の締結では、服部友則市長、八千代署の星野雅春署長、同社の中里善晃社長が4月17日に同市役所にて、D-LIFEと協定書を取り交わしました。

市では2017年10月に行われた八千代ふるさと親子祭など、市内の催し物を空撮した画像をインターネット上で公開しており、市の宣伝につながることを期待しています。

同署では、ドローンを災害発生時における迅速な状況調査に利用するほか、事件の現場を空から俯瞰して撮影し、事件捜査にも活かしたい考えだといいます。

服部市長は「ドローンではこれまで見られないような動画を提供することができる。できるだけ有効に利用させていただきたい」と話しています。

D-LIFEは、ドローン撮影をはじめとして、PC修理、ホームページ制作などを行っている千葉県にある企業です。

NEWS

中国ECサイトの京東が四川省広安市でドローン配送を正式にスタート。30kgまでの食品・電化製品・洋服などを配送

NEWS

東大とシャープが8企業・団体と連携し、広島県江田島市でドローンを使った「スマートかき養殖」の実証実験スタート

NEWS

函館市のアサヒ商会がドローンを使った巡回・輸送システムを販売。農場やキャンプ場の巡回・管理や軽量荷物の配達を想定

NEWS

ドローンが水難被災者へライフジャケットを届けるサービス開始!ドローンネットが救助活動にドローンを活用

NEWS

FullDepthが水中ドローン「FullDepth DiveUnit300」を使い茨城県の花貫ダムでダム点検実証試験を実施。ダム上流側壁面の網羅的撮影に成功

NEWS

テラドローンとヤナイ・ソフトウエアーがドローンを用いた屋根点検・積算事業で提携

NEWS

岡山理科大と電源開発がドローンによる電力設備の保守点検を行う「電力設備自動撮影技術」を開発

NEWS

ANAHDと福岡市が唐泊港から玄界島までドローンで物品を運ぶ実証実験を実施

© DRONE NEWS