ドローン利用へ協定を締結 八千代市、八千代署が地元企業と 千葉

地元の宣伝や災害が発生した時の情報収集で小型無人機のドローンを利用しようと、八千代市および八千代署は2018年4月17日に、ドローンによる空撮などのサービスを提供している地元企業の株式会社D-LIFEと協定を締結しました。

同市によりますと、ドローンの利用に関して、市と警察署および地元民間企業が協定を締結するのは、県内では初めてといいます。

協定の締結では、服部友則市長、八千代署の星野雅春署長、同社の中里善晃社長が4月17日に同市役所にて、D-LIFEと協定書を取り交わしました。

市では2017年10月に行われた八千代ふるさと親子祭など、市内の催し物を空撮した画像をインターネット上で公開しており、市の宣伝につながることを期待しています。

同署では、ドローンを災害発生時における迅速な状況調査に利用するほか、事件の現場を空から俯瞰して撮影し、事件捜査にも活かしたい考えだといいます。

服部市長は「ドローンではこれまで見られないような動画を提供することができる。できるだけ有効に利用させていただきたい」と話しています。

D-LIFEは、ドローン撮影をはじめとして、PC修理、ホームページ制作などを行っている千葉県にある企業です。

NEWS

ドローン“長時間飛行”研究 従来の3倍である30分の飛行に成功 星山工業

NEWS

橋梁点検に対応したドローンを開発 幅0.05ミリのひび割れも検知 川田テクノロジーズなど

NEWS

ブイキューブロボティクスがドローンでいちごを運搬 熊本

NEWS

ドローンを利用した測量に参入へ ドローン関連機器販売会社に出資 デンソー

NEWS

ドローン利用へ協定を締結 八千代市、八千代署が地元企業と 千葉

NEWS

ドローンの開発拠点が開所 西日本で初めて 民間企業を誘致して産業振興へ 大分市

NEWS

ドローンで鉄道設備検査の実証試験を実施 ドコモと東武鉄道

NEWS

ドローンから農薬散布 香春町でデモンストレーション飛行 省力化や安全性が魅力 福岡県

© DRONE NEWS