ドローンの開発拠点が開所 西日本で初めて 民間企業を誘致して産業振興へ 大分市

大分県は2018年4月10日に、小型無人機ドローンの開発拠点である先端技術イノベーションラボを、大分市にある県産業科学技術センターに開きました。

テスト飛行が可能な空き地や、高性能な磁気測定施設などが設けられており、民間企業の誘致を図り、ドローン産業の拡大を目指します。県によりますと、ドローンの開発拠点としては西日本で初めてといいます。

ラボには、約6,400平方メートルの面積にドローンのテスト飛行用の空き地と2棟の施設が並んでいます。総事業費は約6億9,600万円で、このうちの半分に国からの交付金を当て、県が残りを支出することにしています。

テスト飛行用の空き地は縦横が40メートルあり、高さ12メートルのネットで囲っています。屋外でドローンを飛ばすには国土交通省への許可申請が必要ですが、閉じた空間であるために申請が必要なく、効率よくテストが行えます。

磁力などの測定を行う電磁環境測定棟では、外部からの磁気の影響を受けない部屋を設け、開発する機器の磁気を高い精度で測定することができます。電波測定器も高性能であり、ドローンに用いるモーターの製造で使用されます。

共同開発が行なわれるリサーチ棟には、すでに県内外から3社が入棟しています。

広瀬勝貞知事は、開所式で「世界的に有数の環境を作った。産業の振興に大きな力を発揮してもらいたい」と期待を表明しました。

また2018年9月23日に、大分銀行ドームで開発力や技術を競う場となるドローンフェスタを開催すると発表しています。

NEWS

ドローン“長時間飛行”研究 従来の3倍である30分の飛行に成功 星山工業

NEWS

橋梁点検に対応したドローンを開発 幅0.05ミリのひび割れも検知 川田テクノロジーズなど

NEWS

ブイキューブロボティクスがドローンでいちごを運搬 熊本

NEWS

ドローンを利用した測量に参入へ ドローン関連機器販売会社に出資 デンソー

NEWS

ドローン利用へ協定を締結 八千代市、八千代署が地元企業と 千葉

NEWS

ドローンの開発拠点が開所 西日本で初めて 民間企業を誘致して産業振興へ 大分市

NEWS

ドローンで鉄道設備検査の実証試験を実施 ドコモと東武鉄道

NEWS

ドローンから農薬散布 香春町でデモンストレーション飛行 省力化や安全性が魅力 福岡県

© DRONE NEWS