米政府のドローン運用実験にAmazon、Apple、Intelら大手企業が多数立候補か

ロイター通信は、米国政府が5月9日(日本時間5月10日)に発表するドローン運用実験に、少なくとも200を超えるテクノロジー企業と航空企業が参加を申請していると報じました。

航空管制の自動化を目的とする全米航空システム(NAS)へのドローンのスムーズな組み込みを目指すこのこのプログラムでは、2017年、ドナルド・トランプ米大統領主導で開始されました。

このプログラムでは、夜間飛行、目視外飛行や人の真上での飛行を含む、連邦航空局(FAA)が通常許可しているものよりも広い範囲の試験が可能です。

イレーン・チャオ運輸長官は、5月9日に、試験を主催する10の自治体を発表します。同プログラムへの参加を希望している企業は、Amazon、Apple、Qualcomm、Airbusなど米国の名だたる企業が名を連ねています。

Intelとフォードは、プログラムへの応募を認めたとのことですが、Amazon、Apple、Qualcomm、Airbusはコメントしませんでした。ボーイングなどの航空企業もプログラムに関心を持っていると報じられていますが、申請したかどうかは不明です。

ロイター通信によると、今回のプログラムで米国の法律が即時変更されることは予定されておらず、配達実験などのより複雑な題材は、プログラム後半になるまで行われない可能性があります。

今回の試験に参加することは、潜在的に企業が政府に対してドローン業界の今後の規制について発言をする機会を得ることに繋がり、動向が注目されています。

NEWS

米先住民居住地域の害獣対策にドローン導入 目視外飛行で効率的運用目指す

NEWS

ダイバーを自動追尾できる新型水中ドローン「BW Space」 Kickstarterで先行発売中

NEWS

米軍が不審ドローン対策でマイクロ波放出装置を導入へ

NEWS

豪州でドローンの実験的運用がブームに NokiaやGoogleなど大手企業が続々と参入

NEWS

DJI SparkとLINEのコラボモデルが発売 機体に大きくクマのブラウンをフィーチャー

NEWS

米国の航空ショーでオーケストラとドローンのコラボパフォーマンスが行われる

NEWS

ベネズエラで大統領暗殺未遂 プラスチック爆弾積んだドローンが爆発

NEWS

「空飛ぶ浴槽」でパンを買いに――ドイツ人YouTuberの動画が200万超再生

© DRONE NEWS