ドローンで鉄道設備検査の実証試験を実施 ドコモと東武鉄道

NTTドコモと東武鉄道は、2018年4月13日に携帯電話網経由でコントロールするドローンを利用し、鉄道設備の予防検査を行う実証試験の結果を発表しました。

両社は、ドローンを利用して予防検査の費用を下げたり、正確さを向上したりすることを目指しており、2018年度も継続して実証試験を行い、実用化を図ることにしています。

今回の実証試験は、2月27日〜28日にかけて、利根川を横断する東武日光線の鉄橋と東武鬼怒川線ののり面を対象に実施しました。

鉄橋の予防検査では、鉄橋の上部、底部、橋脚部など、線路から見えない部分をドローンから撮影しました。撮影された画像は、ドコモの画像認識技術を用いて部分的に解析し、老朽化している部分などが検出可能かを継続して検証しています。

のり面の検査は、ドローンで上空からのり面を撮影し、形状を三次元座標の点群データに置き換えて、状態を確認しました。

実験は列車が運行中の時間帯に実施されました。携帯電話網経由でドローンの位置や状態を実時間で把握可能で、ドコモでは「広範囲で複雑な構造物でも安全に飛行することが確認できた」としています。

両社は実証試験の結果を受けて、携帯電話網経由でのドローンによる検査業務を商用化したり、ドコモが2018年2月から提供しているドローン運用支援サービス docomo skyのオプションを増やしたりすることにしています。

NEWS

ドローン目視外飛行解禁を見越したリアルタイム気象観測システム「カザミドリ」

NEWS

西日本豪雨の被災地へ、コマツ、オプティム、ランドログの3社がドローン測量を無償提供

NEWS

ドローンと先進テクノロジーのさらなる融合を目指す会員制サービス「未来テック会員」募集開始

NEWS

交通量調査がAIとドローンで自動化!テラドローンが新ソフトウェアを発表

NEWS

埼玉県で国内初・光化学スモッグのドローン調査 上空のオゾン濃度を追跡

NEWS

登山者が携帯する電波発信機でドローンにSOS 遭難時の救助システムを立命館大が発表

NEWS

筑波大発のベンチャー、深海用水中ドローンレンタル事業を開始 低コストでの深海調査が可能に

NEWS

本田圭佑も投資家として参加!ドローン特化型ファンド「Drone Fund II」発表

© DRONE NEWS