ドローンで鉄道設備検査の実証試験を実施 ドコモと東武鉄道

NTTドコモと東武鉄道は、2018年4月13日に携帯電話網経由でコントロールするドローンを利用し、鉄道設備の予防検査を行う実証試験の結果を発表しました。

両社は、ドローンを利用して予防検査の費用を下げたり、正確さを向上したりすることを目指しており、2018年度も継続して実証試験を行い、実用化を図ることにしています。

今回の実証試験は、2月27日〜28日にかけて、利根川を横断する東武日光線の鉄橋と東武鬼怒川線ののり面を対象に実施しました。

鉄橋の予防検査では、鉄橋の上部、底部、橋脚部など、線路から見えない部分をドローンから撮影しました。撮影された画像は、ドコモの画像認識技術を用いて部分的に解析し、老朽化している部分などが検出可能かを継続して検証しています。

のり面の検査は、ドローンで上空からのり面を撮影し、形状を三次元座標の点群データに置き換えて、状態を確認しました。

実験は列車が運行中の時間帯に実施されました。携帯電話網経由でドローンの位置や状態を実時間で把握可能で、ドコモでは「広範囲で複雑な構造物でも安全に飛行することが確認できた」としています。

両社は実証試験の結果を受けて、携帯電話網経由でのドローンによる検査業務を商用化したり、ドコモが2018年2月から提供しているドローン運用支援サービス docomo skyのオプションを増やしたりすることにしています。

NEWS

ドローン“長時間飛行”研究 従来の3倍である30分の飛行に成功 星山工業

NEWS

橋梁点検に対応したドローンを開発 幅0.05ミリのひび割れも検知 川田テクノロジーズなど

NEWS

ブイキューブロボティクスがドローンでいちごを運搬 熊本

NEWS

ドローンを利用した測量に参入へ ドローン関連機器販売会社に出資 デンソー

NEWS

ドローン利用へ協定を締結 八千代市、八千代署が地元企業と 千葉

NEWS

ドローンの開発拠点が開所 西日本で初めて 民間企業を誘致して産業振興へ 大分市

NEWS

ドローンで鉄道設備検査の実証試験を実施 ドコモと東武鉄道

NEWS

ドローンから農薬散布 香春町でデモンストレーション飛行 省力化や安全性が魅力 福岡県

© DRONE NEWS