DJIとMicrosoft、ドローンソフトウェア開発キットでパートナーシップ締結

Microsoftは5月7日、米ワシントン州で開催したイベント「Build 2018」において、商用ドローン世界最大手のDJIとのパートナーシップ締結を発表しました。

このパートナーシップにより、Windows 10で起動するDJIドローン用ソフトウェア開発キットを2018 年秋から提供することを発表しました。

これにより、WindowsコンピューターによるDJI製ドローンの飛行制御とデータ転送が可能になります。

加えて、不可視光線をとらえるマルチスペクトルセンサーや、ブレを補正するカスタムアクチュエーターなど、他社製ハードウェアで記録したデータもWindowsで扱えるようになります。

また、両社は今後、MicrosoftのクラウドプラットフォームAzureを利用した商用ソリューションも展開する予定です。同ソリューションはMicrosoftが展開するIoTソリューション「Azure IoT Edge」へ組み込まれる予定で、農業や建設などに利用される見込みです。

Build 2018のステージ上では、DJI Sparkを飛行させ、撮影した映像から損傷部分を特定するデモが披露されました。

NEWS

DroneDeployのアプリでドローン保険が利用可能に

NEWS

女性ドローンパイロット育成のためのファンディングキャンペーンを実施!

NEWS

アメリカのニュージャージー州で、緊急事態の第一発見者となるドローンチーム発足!

NEWS

YouTubeチャンネルで実験 一番安定した飛行をするドローンは?

NEWS

ドローンを鳥のように素早く穴を潜り抜けさせる実験を実施

NEWS

ドローン・デリバリーは現実的かどうか、フォーブス誌の今後の予測を3つ紹介

NEWS

"ドローン・ショー"で第二次大戦中に破壊された旧市街の再建を祝う

NEWS

Southern社はドローン事業を拡大するためのパートナーとしてSkyward社を選出

© DRONE NEWS