DJIとMicrosoft、ドローンソフトウェア開発キットでパートナーシップ締結

Microsoftは5月7日、米ワシントン州で開催したイベント「Build 2018」において、商用ドローン世界最大手のDJIとのパートナーシップ締結を発表しました。

このパートナーシップにより、Windows 10で起動するDJIドローン用ソフトウェア開発キットを2018 年秋から提供することを発表しました。

これにより、WindowsコンピューターによるDJI製ドローンの飛行制御とデータ転送が可能になります。

加えて、不可視光線をとらえるマルチスペクトルセンサーや、ブレを補正するカスタムアクチュエーターなど、他社製ハードウェアで記録したデータもWindowsで扱えるようになります。

また、両社は今後、MicrosoftのクラウドプラットフォームAzureを利用した商用ソリューションも展開する予定です。同ソリューションはMicrosoftが展開するIoTソリューション「Azure IoT Edge」へ組み込まれる予定で、農業や建設などに利用される見込みです。

Build 2018のステージ上では、DJI Sparkを飛行させ、撮影した映像から損傷部分を特定するデモが披露されました。

NEWS

UBER EATSがドローンで届く!サンディエゴで運用実験実施へ

NEWS

フロリダ州で蚊の幼虫のドローン探索実験 検査官の虫さされ解消も期待

NEWS

DJI、農業ドローンの基準づくりでダウ・デュポンと協力

NEWS

DJI、建設中の新本社はドローンが飛び出すブリッジを備えた「ドローンタワー」

NEWS

トランプ政権主導のドローン運用実験 実施拠点10カ所が発表に Amazonは落選

NEWS

UBERとNASA、共同で「タクシードローン」開発へ注力

NEWS

米政府のドローン運用実験にAmazon、Apple、Intelら大手企業が多数立候補か

NEWS

成層圏で一年間飛行し続けられるソーラードローンの開発が進行中

© DRONE NEWS