DJIとMicrosoft、ドローンソフトウェア開発キットでパートナーシップ締結

Microsoftは5月7日、米ワシントン州で開催したイベント「Build 2018」において、商用ドローン世界最大手のDJIとのパートナーシップ締結を発表しました。

このパートナーシップにより、Windows 10で起動するDJIドローン用ソフトウェア開発キットを2018 年秋から提供することを発表しました。

これにより、WindowsコンピューターによるDJI製ドローンの飛行制御とデータ転送が可能になります。

加えて、不可視光線をとらえるマルチスペクトルセンサーや、ブレを補正するカスタムアクチュエーターなど、他社製ハードウェアで記録したデータもWindowsで扱えるようになります。

また、両社は今後、MicrosoftのクラウドプラットフォームAzureを利用した商用ソリューションも展開する予定です。同ソリューションはMicrosoftが展開するIoTソリューション「Azure IoT Edge」へ組み込まれる予定で、農業や建設などに利用される見込みです。

Build 2018のステージ上では、DJI Sparkを飛行させ、撮影した映像から損傷部分を特定するデモが披露されました。

NEWS

ドローン墜落のDJI、問題のバッテリーTB55の調査を終了

NEWS

アメリカ・パデュー大学、ドローンによる交通事故調査をデモンストレーション

NEWS

ネブラスカ大学、ドリルを搭載し自動で穴を掘るドローンを開発

NEWS

DJI、従業員による詐欺事件で1.5億ドルの損失か

NEWS

伝説のサーファーDerek Hoがハワイ・パイプラインでドローンと衝突寸前に

NEWS

釣りのシステムを応用したドローンによる水難救助活動が話題

NEWS

アメリカのドローン規制が改正か 人の上空も飛行できるように

NEWS

AEE AviationがAIを搭載したドローンの開発を発表

© DRONE NEWS