大規模災害時のドローン運用 県内12カ所で飛行禁止 静岡県

大規模災害時におけるドローンの運用に関して、静岡県は2018年度にも県広域受援計画の改定を実施します。

静岡空港や報道機関のヘリポートの周辺など、災害時に航空機が錯綜することになる県内12か所の空域において、捜索や救助活動を含め、ドローンの飛行を原則として禁止します。

航空機との衝突を回避するために、県危機対策課の岸谷清満危機調整監が2018年2月27日に、県庁であったドローン検討会議で明らかにしました。

12カ所のうち、浜松基地などの8カ所は、すでに国土交通省が平常時から原則として飛行禁止とされています。

県の指定地域は、愛鷹をはじめとする4カ所で、災害発生時に自衛隊からの災害派遣部隊等が発着するヘリコプター基地の開設予定地です。

ドローンでは、上空から撮影した画像を地上に送信することが可能なため、人が容易には立ち入ることができない災害現場の状況を迅速に把握し、素早い救助活動に繋がると期待されています。

一方、航空機と衝突事故、墜落事故なども発生しており、安全面に課題があります。

県では、南海トラフ大地震発生で自衛隊や救急医療ヘリコプターなどをはじめとして約100機の航空機が県内を飛行すると予想しています。

2017年12月に改定した県広域受援計画では、捜索や救助活動でのドローンの運航方法を明記し、原則として飛行範囲を高度150メートル未満、操縦者から600メートル以内とし、航空機を優先するように定めました。

岸谷危機調整監は「目に余る違反がある場合は国に情報提供を行うなどして対応する」と話しています。

NEWS

SUSCが「ドローン安全運用宣言 認証制度」を制定。関連法令の遵守や安全第一のドローン運用へ

NEWS

国土省がドローンの酒気帯び操縦禁止のための航空法改正を検討

NEWS

カナダ政府が2019年6月1日から新しいドローン規制法を施行。ドローン詳細の登録や飛行規則順守を義務化

NEWS

国土省がインフラの法定点検の目視要件を緩める方針を決定。ドローンなど新技術の普及を促すのが狙い

NEWS

セキドが「ドローンフライト許認可シール」発売!ヘルメットに貼るだけで国土省認可を周囲にアピール

NEWS

イリノイ州で公的機関のドローン使用に関する新法制 市民のプライバシーへの懸念も

NEWS

松本城周辺でドローン飛行 目撃相次ぐ 日本語と英語で松本市が張り紙 長野

NEWS

昨年摘発したドローンの違法飛行は68件に 前年からは倍増 警察庁

© DRONE NEWS