国交省 ドローンポートに指針、3月末策定へ ポートの軽量化と製造費用が課題

2018年2月28日に国土交通省は、物流用ドローンポート連絡会の第6回会合を開催し、ドローンポートのシステム実用化に関する指針案を検討しました。

今後、同連絡会のメンバーとなっている東京大学とブルーイノベーションが主導し、指針の取りまとめを行って、2018年3月末までに策定を行う方針です。策定を行った指針は、国交省のホームページなどで公表することにしています。

物流用ドローンの運用に取組んでいる事業者に向けて、指針の周知、普及をはかることにより、ドローンの安全性の高い貨物輸送を実現できるようにする考えです。

指針の中には、ドローンポートのシステム構築地域、システムの構築と運用者、システムを構成する機器やソフトウェア、構築方法など、安全な利用に必要となる条件を盛り込むことにしています。

その他に会議では、ドローンポートの重量や価格についても話し合いが行われました。実証試験で使われている固定式のポートは、台座がアルミ製のため全体の重さが約180キロと非常に重量があり、運搬容易性の低いことが課題とされました。

FRP材を使用して軽量化する対策も議論されましたが、成形のために用意する型の費用が高額なため、1台あたりの価格が約100万円と高価となることに懸念が示されました。

FRP材を用いたポートの量産化が達成されれば、1台あたりでは型の費用を削減することが可能という意見も出され、今後の動向が期待されています。

NEWS

イリノイ州で公的機関のドローン使用に関する新法制 市民のプライバシーへの懸念も

NEWS

松本城周辺でドローン飛行 目撃相次ぐ 日本語と英語で松本市が張り紙 長野

NEWS

昨年摘発したドローンの違法飛行は68件に 前年からは倍増 警察庁

NEWS

KDDIなど ドローンの編隊が空から犯罪を見逃さず監視

NEWS

大規模災害時のドローン運用 県内12カ所で飛行禁止 静岡県

NEWS

国交省 ドローンの飛行許可承認手続のオンラインサービスを4月2日に開始へ

NEWS

国交省 ドローンポートに指針、3月末策定へ ポートの軽量化と製造費用が課題

NEWS

規制を凍結 自動運転、ドローン、電波の3分野で 政府

© DRONE NEWS