規制を凍結 自動運転、ドローン、電波の3分野で 政府

政府は2018年3月9日に国家戦略特区諮問会議を開催し、今国会に提出する予定の国家戦略特区法改正案を了承しました。

規制を凍結することで新しい技術の実証を促す仕組みを、自動運転、ドローン、電波の3分野で認めることにします。規制を凍結することによって、次世代技術の実用化を促す取組みは「サンドボックス」と呼ばれます。

特区で想定している実験には、公道における遠隔制御での自動運転の実験や、人口集中地区でのドローンを利用した宅配実験です。

電波分野においては、ドローンに無線を用いて給電を行うシステムなどの実用化を促進します。

またコンビニエンスストアなどで用いる電子値札などに無線給電を行う実験などについても認める方向としています。

会議では新潟市、愛知県および京都府における外国人就農を正式に認定しました。4月から各自治体で受入れに向けて動き出し、今秋を目途に外国人就農を行う予定です。

このほかに、愛知県でも外国人が行う家事代行サービスの規制緩和なども認めました。

国家戦略特区担当の梶山弘志地方創生相によりますと、2017年10月〜12月にかけて新たな改革項目を募集し、27自治体から提案がありました。

長崎県や熊本県は特区の指定を受けていませんが、外国人就農の解禁を要請したほか、外国人の保育士受入れや留学生による起業の促進という要請も出ました。政府はこれらの要請を基に、特区の新たな指定を審査することにしています。

NEWS

SUSCが「ドローン安全運用宣言 認証制度」を制定。関連法令の遵守や安全第一のドローン運用へ

NEWS

国土省がドローンの酒気帯び操縦禁止のための航空法改正を検討

NEWS

カナダ政府が2019年6月1日から新しいドローン規制法を施行。ドローン詳細の登録や飛行規則順守を義務化

NEWS

国土省がインフラの法定点検の目視要件を緩める方針を決定。ドローンなど新技術の普及を促すのが狙い

NEWS

セキドが「ドローンフライト許認可シール」発売!ヘルメットに貼るだけで国土省認可を周囲にアピール

NEWS

イリノイ州で公的機関のドローン使用に関する新法制 市民のプライバシーへの懸念も

NEWS

松本城周辺でドローン飛行 目撃相次ぐ 日本語と英語で松本市が張り紙 長野

NEWS

昨年摘発したドローンの違法飛行は68件に 前年からは倍増 警察庁

© DRONE NEWS