自動運転車の安全性を高めるために応用されるアシスタントドローン

サムスンやグーグル、マイクロソフトなど、名立たる企業を顧客に抱えるサンフランシスコのデザイン専門企業「ボックス・クレバー」は、自動運転車の安全性を高めるためにドローンを利用しようとしています。

このドローン技術は、安全性の低い自動運転技術を進歩させるコア技術となる可能性もあります。

昨今、自動運転車の開発が進んでいますが、実際に普及するまでには時間がかかりそうです。自動運転の利点は多いものの、数々の課題を解決しなければなりません。自動運転車の普及を難しくしている理由は様々ですが、主に以下のような理由があります。

・トラブルが起こった場合の対処が困難
・自動運転車の法整備と、損害が発生した場合の責任追及の難しさ
・雪などの天候による影響を受けてしまう
・自動運転車が悪用される可能性がある

自動運転車は、トラブルが起こった場合の対処が困難です。路上の状況は常に変化しているため、予想不可能な事態が発生した場合、コンピューターが誤作動する可能性もあります。

また、車載コンピューターが不正アクセスされる可能性も考えられます。この他、自動運転車は、衝突を避けられない状況で、歩行者の命を守るのか、車内の命を守るのかという倫理的なジレンマにも直面します。

こういった課題をアシスタントドローンによって解決しようというのが、ボックス・クレバーの考えです。

自動車の前方にどのような危険が潜んでいるのかをドローンで事前に察知し、情報をフィードバックします。ドロー

NEWS

UBER EATSがドローンで届く!サンディエゴで運用実験実施へ

NEWS

フロリダ州で蚊の幼虫のドローン探索実験 検査官の虫さされ解消も期待

NEWS

DJI、農業ドローンの基準づくりでダウ・デュポンと協力

NEWS

DJI、建設中の新本社はドローンが飛び出すブリッジを備えた「ドローンタワー」

NEWS

トランプ政権主導のドローン運用実験 実施拠点10カ所が発表に Amazonは落選

NEWS

UBERとNASA、共同で「タクシードローン」開発へ注力

NEWS

米政府のドローン運用実験にAmazon、Apple、Intelら大手企業が多数立候補か

NEWS

成層圏で一年間飛行し続けられるソーラードローンの開発が進行中

© DRONE NEWS