ドルチェ&ガッバーナがファッションショーにドローンを使用

2018年2月25日、イタリアのミラノで開かれたドルチェ&ガッバーナのファッションショーに、ドローンが使用されました。ファッションショーにドローンを用いるというのはかなり斬新な試みで、観客からは歓声が沸き起こりました。

ファッションショーでドローンが運んだのは、ドルチェ&ガッバーナ2018-2019コレクションのハンドバッグで、秋冬の最新アイテムです。

小さめのハンドバッグは本革製で、大きめのジュエリーがデザインのアクセントになっており、赤、黒、白とベーシックなカラーのラインナップが用意されています。

主催者は観客に、スマートフォンのWi-Fi接続や、あらゆるテザリング機能をオフにするよう指示しました。これは、Wi-Fiがドローンの電波を妨害するのを防ぐためです。

マルチコプターやクアッドコプターなどのドローンを操縦するために使用される電波は一般に2.4GHz帯です。一方、Wi-Fiの電波にも2.4GHz帯が用いられます。

2.4GHz帯は、壁などの障害物に強く、より遠くまで届く電波であるため、ドローンやWi-Fiに使用されているのです。そのような流れの中、ファッションショーは予定よりも45分ほど遅くスタートしました。

ツイッターに投稿された動画では観客らは待ちわびた様子ですが、ドローンがドルチェ&ガッバーナの最新ハンドバッグを提げて登場するや、歓声が沸き起こります。

ドローンの上部にはライトが取り付けてあり、ひときわ目立つデザインになっています。同時に、ハンドバッグの存在感を引き立てるため、ドローン自体はシンプルに設計されています。

また、飛行中に揺れるのを防ぐため、ハンドバッグは金属製の止め具で固定されていました。

ドローンのショーが終わってから、人間のモデルが登場し、従来のようにランウェイショーが行なわれました。

今回、ドルチェ&ガッバーナのファッションショーでドローンが用いられた経緯には、テクノロジーとファッションの進化に乗り遅れる事がないよう、消費者に啓発を与える目的があります。

ドルチェ&ガッバーナは、プラダやグッチなどと並ぶ世界的なブランドで、イタリアのミラノに本拠地を構えています。さまざまなアイテムの中でも、鞄や靴など、ドルチェ&ガッバーナの革製品は特に人気があります。

LEDライトを取り付けたドローンがライトショーを行ったり、案内板をマウントしたドローンが公共設備で用いられたりする事例はあるものの、ファッション業界でドローンがこのように利用されたというのは非常に珍しい例です。

(画像引用:https://www.youtube.com/watch?v=ifsVe36W2v8)

NEWS

米先住民居住地域の害獣対策にドローン導入 目視外飛行で効率的運用目指す

NEWS

ダイバーを自動追尾できる新型水中ドローン「BW Space」 Kickstarterで先行発売中

NEWS

米軍が不審ドローン対策でマイクロ波放出装置を導入へ

NEWS

豪州でドローンの実験的運用がブームに NokiaやGoogleなど大手企業が続々と参入

NEWS

DJI SparkとLINEのコラボモデルが発売 機体に大きくクマのブラウンをフィーチャー

NEWS

米国の航空ショーでオーケストラとドローンのコラボパフォーマンスが行われる

NEWS

ベネズエラで大統領暗殺未遂 プラスチック爆弾積んだドローンが爆発

NEWS

「空飛ぶ浴槽」でパンを買いに――ドイツ人YouTuberの動画が200万超再生

© DRONE NEWS