中国人民解放軍 軍事演習に初のドローン活用 大手物流5社と契約

2018年1月末に行われた中国人民解放軍の訓練において、ドローンが物流支援に利用されていたことがわかりました。これを報じた中国の新華社通信によると、人民解放軍の訓練において、ドローンが物流分野で利用されるのはこれが初めてとのことです。

中国人民解放軍によって雲南省と陝西省で行われた訓練のために、中国の物流大手・順豊エクスプレスが所有するドローンを提供したと、2018年1月28日に新華社通信が伝えました。演習が行われた正確なタイミングは公表されていません。

最初の演習は、「険しい山間部の戦闘中にレーダーが故障、スペアパーツを配送する」という状況をシミュレートする形で行われました。ドローンによる配送が完了するまでに、1時間ほどを要しましたが、通常の陸上輸送に比べて90分以上の時間が短縮されたとのことです。

2度目の演習は陝西省で行われ、ドローンによる救援物資配達の査定を目的としていました。「山岳地帯で毒ヘビに噛まれた兵士に薬を届ける」というシチュエーションで、ドローンは従来の輸送機より6倍速い22分で抗毒薬を配達しました。

新華社通信によると、ドローンの操縦は北京の物流司令部からリアルタイムで行っており、必要に応じて飛行ルートを変更することもできるとのことです。今回の演習で得られたデータは、今後のドローンのさらなる有効利用を促進するために分析されます。

人民解放軍は順豊エクスプレスの他、電子商取引大手JD.com、中国鉄路総公司、中国郵政、徳邦物流との契約を結んだとのことです。

軍隊へのドローン導入は、中国軍の先進性をさらに推し進めることになると見られています。2017年10月に行われた中国共産党5年に一度の党大会において、習近平国家主席は人民解放軍を2050年には世界最先端の軍隊にしたいと語っています。

NEWS

アイスランドで運用中のドローン宅配便、対象地域拡大を計画中か

NEWS

DJI、警察へのドローン販売でセキュリティ企業Axonと提携

NEWS

英国で新たなドローン法制が施行 ドローン飛行にオンラインテスト合格が必須に

NEWS

TIME誌の表紙をドローンで再現、ドローンで撮影し、ドローン特集号の表紙に

NEWS

中国で食事のドローン配達サービスが承認 注文から20分以内の配達が可能に

NEWS

オハイオ州で”ドローン宅急便”の運用実験 米政権のドローンプログラム

NEWS

Appleマップをドローンで改善へ Appleがノースカロライナ州で実験開始

NEWS

UBER、パリにドローンタクシーの研究拠点を開設へ

© DRONE NEWS