ドローンファンドが総額16億円で最終募集完了 ドローンに特化した投資会社としては世界最大規模

エンジェル投資家である千葉功太郎氏がジェネラル・パートナーを務める千葉道場ドローン部1号投資事業有限責任組合は、総額約16億円でファンド組成を完了したと発表しました。

約16億円に達するファンド規模は、目標金額であった10億円を大幅に上回り、ドローン分野に特化した独立系投資会社が組成した1号ファンドとしては、世界最大の規模です。

また、同ファンドのようにエンジェル投資家がジェネラル・パートナーを務めるファンドが、独立行政法人中小企業基盤整備機構より出資を受けたのは今回が初となります。

同ファンド1号の主な出資者には、株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ、株式会社オークファン、キャナルベンチャーズ株式会社、大和企業投資株式会社などの大手事業会社、エンジェル投資家及び中小企業基盤整備機構が名を連ねています。

同ファンド1号は、ドローンを要件として関連する基本技術、サービスのあらゆる方面を積極的に網羅し投資しています。

投資ステージとしてシード期、アーリー期を主な対象とし、1件当たりの投資金額としてはシード期、アーリー期では1,000万円から5,000万円、ミドル期、レイター期では約1億円までを上限としています。

これまでにシード期、アーリー期を中心に国内外のベンチャー19社に対して合計で約7.4億円の投資を行っています。

同ファンドでは、継続してドローンファンド1号の運営を通じて、ドローンベンチャーのエコシステムの拡大に寄与していくとしています。

NEWS

ドローンでの測量は意外と難しい? 最新の測量技術を体験 関商工高生 岐阜

NEWS

ドローン 大雨の中でも飛行できるか 防災科学技術研究所が国内初の実験

NEWS

アワビ、イセエビを密漁する暴力団や外国船 ドローンで監視 徳島大

NEWS

ドローン 山岳救助や鳥獣駆除で実用化に向けて実験 あきる野市 東京

NEWS

ドローンで上空から稲の種蒔き 東広島市で実証テスト

NEWS

災害時の状況確認に 多久市消防団が「ドローン隊」を結成 佐賀県

NEWS

災害時や労働安全にドローン利用を 国交省などが取り組みを報告

NEWS

鹿島建設 水面浮上型のドローンを用いてサンゴ礁を調査 慶良間諸島で試験

© DRONE NEWS