パイロット育成を目的に デラウェア州にドローンスクール誕生

拡大し続けるドローン市場において、パイロット育成を目的としたドローンスクールが、デラウェア州に設立されました。

ドローンスクールのスタートアップ、ドローン・ワークフォース・ソリューションズの創設者であるニックス氏は、アメリカ労働局から助成金を受けて、パイロット教育に取り組んでいます。2017年12月には12人のドローンパイロットが、このスクールを卒業しました。

2016年の報告によると、ドローンを使用したビジネスサービスは1,270億ドルになると予想されています。今後はドローンの売上高だけでも、2021年までに120億ドルになる見込みです。

そのため、ドローンスクールなどの教育ビジネスをターゲットとしたドローン・ワークフォース・ソリューションズのような企業が、現在増えています。

ドローン・ワークフォース・ソリューションズで、生徒たちは10週間の教育プログラムを受けます。

全体のカリキュラムは、合計70時間で、この中には実地訓練14時間と、約10時間の画像データ編集コースが含まれています。また、FAA(連邦航空局)が定めるドローンに関する細かな規則についても学べます。

学費は5,000〜6,000ドルです。また、学生は1,500ドルで最高品質のドローンを購入し、ドローンを所有したうえで学ぶことができます。

ドローン・ワークフォース・ソリューションズはダイバーシティを重視しており、さまざまな背景の人がスクールで教育を受けます。

受講生の1人であるクルーズ氏は、もともと小売業界でGoogle製品の使用サポートをしていましたが、ドローンスクールでの教育を受けた後、ライセンスを取得しました。

クルーズ氏は、「ドローンを動かすこと自体は簡単だが、ドローンの操作には、離着陸させる以外の複雑な操作が含まれる。ドローンパイロットには忍耐が必要だと感じた。安全に関してもさまざまな事を学ばなければならない」と述べました。

ドローン・ワークフォース・ソリューションズの創設者であるニックス氏は現在、オンラインでやり取りができるグローバル人材データベースの構築を考えています。同氏はこのビジネスにより、250万ドルほどの収益が得られると考えています。

====

最短2日で取得!業界プロによる実践的なレッスンにより効率的な資格取得が可能です。

レッスンの受講が可能なお近くの国内ドローンスクールを「DroneSchool.net」でさがそう!

====

NEWS

アイスランドで運用中のドローン宅配便、対象地域拡大を計画中か

NEWS

DJI、警察へのドローン販売でセキュリティ企業Axonと提携

NEWS

英国で新たなドローン法制が施行 ドローン飛行にオンラインテスト合格が必須に

NEWS

TIME誌の表紙をドローンで再現、ドローンで撮影し、ドローン特集号の表紙に

NEWS

中国で食事のドローン配達サービスが承認 注文から20分以内の配達が可能に

NEWS

オハイオ州で”ドローン宅急便”の運用実験 米政権のドローンプログラム

NEWS

Appleマップをドローンで改善へ Appleがノースカロライナ州で実験開始

NEWS

UBER、パリにドローンタクシーの研究拠点を開設へ

© DRONE NEWS