「DroneAgent」がビックカメラと提携を発表 店頭でのDJI製ドローンの販売支援・アフターサービスを開始

オンデマンドドローンサービス「DroneAgent」を運営する、株式会社FLIGHTSは、株式会社ビックカメラに対してDJI製の産業用ドローンの販売の支援とアフターサービスを行うと発表しました。

DJI製の産業用ドローンの販売を行うのは、家電小売りの業界においてはビックカメラが初めてとなります。

FLIGHTSの年間500回以上に達する空撮や、検査、測量の経験を有するドローンパイロットの人的資源を元に、用途に対応した提案やカスタム化などに関する相談を、「DJI SHOPビックカメラ有楽町店」でも実施できるようにビックカメラと提携を行います。

ユーザーは店頭で様々な商品を確認することができ、その場で見積り金額の提示を受けることができるようになります。

ドローン購入と共に、FLIGHTSが行っている保守プログラム「DroneAgentケア」に加入することも可能です。

「DroneAgentケア」は、加入から1年間は追加料金無しでトラブル発生時の電話やメールでの技術的なサポートや、墜落などによる修理、交換を回数に制限なく受けられる保守プログラムです。

この提携は、FLIGHTSの事業がビックカメラとCreww株式会社が実施した、ベンチャー企業とビックカメラで新規事業を共に創り上げていくことをめざす「ビックカメラアクセラレーター2017」で評価されたことで決定しました。

NEWS

持たなくても自動でついてくる”ドローン傘”の実力やいかに?

NEWS

トビウオ型の水上ドローン パワービジョンジャパンが2018年9月に発売へ

NEWS

ユーザーを自動追尾する”ドローン傘” 試作機公開で話題も課題は山積み

NEWS

Parrot、2年ぶりの新作ドローン「ANAFI」を発表 折りたたみ可能でUSB-Cポート搭載

NEWS

テキストロン・システムズ 新型ドローンX5-55を発表

NEWS

ドローン飛行に必要な申請書作成をサポート! 「スカイイージー」が6月1日からサービス開始

NEWS

DJIの新作ドローン「Phantom 4 Pro v2.0」発売 プロペラ音を60パーセント低減

NEWS

富士通 ドローンで被災状況を迅速に共有 地図アプリを開発

© DRONE NEWS