doがドローンの飛行可能な空域をスマホで確認できる無料アプリケーションを提供

Do株式会社は2018年1月25日に、ドローンの飛行が可能な空域をスマートフォンで確認できる「ドローン飛行チェックアプリ」を無料で提供開始しました。Android版とiOS版が用意されています。

機体重量が200g以上のドローンは航空法の規定により、空港周辺など航空機の安全な運航に影響がある空域、人口が密集している地区の上空、150m以上の高度で飛行することが制限されています。

第三者やその建物、自動車などから30メートル未満で飛行することや、催し物会場の上空の飛行、危険物の輸送やドローンから物などを投下することも承認が必要となっています。

また、肉眼に頼らないで飛ばす目視外飛行、機体が見えづらい夜間の飛行においても承認が必要とされます。

ドローン事業のオンライン共通基盤である「drone market」を手がけているdoが開発した「ドローン飛行チェックアプリ」は、飛行許可が必要とされる空域を確認することができます。

また、時刻と位置情報から、日の出と日没の時間を算出し、今の時点で飛行が可能か判断できる機能も備えています。

アプリケーションは現時点では対応言語が日本語のみですが、doでは「国際的なイベントなどの開催で訪日外国人旅行者が増えると予想されるため、 英語をはじめとして多言語に対応していく予定」としています。

NEWS

ドローンでの測量は意外と難しい? 最新の測量技術を体験 関商工高生 岐阜

NEWS

ドローン 大雨の中でも飛行できるか 防災科学技術研究所が国内初の実験

NEWS

アワビ、イセエビを密漁する暴力団や外国船 ドローンで監視 徳島大

NEWS

ドローン 山岳救助や鳥獣駆除で実用化に向けて実験 あきる野市 東京

NEWS

ドローンで上空から稲の種蒔き 東広島市で実証テスト

NEWS

災害時の状況確認に 多久市消防団が「ドローン隊」を結成 佐賀県

NEWS

災害時や労働安全にドローン利用を 国交省などが取り組みを報告

NEWS

鹿島建設 水面浮上型のドローンを用いてサンゴ礁を調査 慶良間諸島で試験

© DRONE NEWS