ヒースロー空港からロンドン中心部まで12分で移動可能な自律旅客ドローンを、イギリスの会社が製作

Y6Sは、車で移動すると約1時間かかるヒースロー空港からチャリングクロス駅までを12分で飛行可能なドローンです。

イギリスで最初の自律旅客ドローンを開発した起業家マーティン・ワーナー氏は、旅客を乗せてのテスト飛行を2018年の早々に行うと話しています。

ワーナー氏のベンチャー企業であるオートノマスフライト社はバッテリー型無人旅客機であるY6Sを製作しており、イギリス国内で最も混雑の激しい都市、ロンドンの交通機関に革命をおこすことになるでしょう。

「いずれ、確実にエアシャトルシステムや自律型ドローンもしくはパイロットが搭乗したドローンが通勤手段として使われるようになるだろう」とワーナー氏は語っています。

無人型の旅客ドローンの安全性に問題がないのかという質問に対し、ワーナー氏はドローンが持つ安全性について語り、サイバー攻撃のリスクについても「このドローンはシリアル番号がつけられており、追跡可能で、そして海を越えての飛行はせず、短い距離の飛行のみで済むため、リスクは少ない」と答えています。

なお、セキュリティの暗号化については、「暗号化に関しては常に一歩先を見続け、それを見直すことを行わなければいけない」と語りました。

垂直離着陸機が次世代の交通手段の注目となり、コストも人々が思っているほどかからないとワーナー氏は考えています。また、テスト飛行はすでに、ケント州とサリー州の州境で行われているとのことです。

我々がY6Sと呼んでいる二人乗りの旅客ドローンのコストは平均して25,000ドル前後であると彼は話しています。

現在世界各地の数社が無人型旅客ドローンの開発に取り組んでいますが、イギリス企業はオートノマスフライト社のみです。

中国の無人航空機メーカーであるイーハン社は2017年、ドバイで自社製の一人乗りドローン「イーハン184」を採用したドローンタクシーのテスト飛行を初めて行いました。

一方NASAとの飛行タクシープロジェクトに関わっているUberは、テスト飛行を2020年に開始する予定としています。

今後は、規制条件に問題が出ない限り、5年以内にはイギリス国内で旅客ドローンが流通するであろうとされています。

NEWS

UBER EATSがドローンで届く!サンディエゴで運用実験実施へ

NEWS

フロリダ州で蚊の幼虫のドローン探索実験 検査官の虫さされ解消も期待

NEWS

DJI、農業ドローンの基準づくりでダウ・デュポンと協力

NEWS

DJI、建設中の新本社はドローンが飛び出すブリッジを備えた「ドローンタワー」

NEWS

トランプ政権主導のドローン運用実験 実施拠点10カ所が発表に Amazonは落選

NEWS

UBERとNASA、共同で「タクシードローン」開発へ注力

NEWS

米政府のドローン運用実験にAmazon、Apple、Intelら大手企業が多数立候補か

NEWS

成層圏で一年間飛行し続けられるソーラードローンの開発が進行中

© DRONE NEWS