英国で学校のいじめ防止の人文字を、警察のドローンが撮影

英国、コーシャム学校の生徒らがいじめ防止キャンペーンのメッセージを表現し、その模様が警察のドローンによって撮影されました。

2017年11月、何百人もの生徒たちが学校の校庭に“みんな違って、みんな平等”という人文字を綴るために集まり、ウィルトシャー警察の新しいドローンによって撮影されるイベントが開催されました。

開催当時は「全国反いじめ週間」であり、学校は“みんな違って、みんな平等”キャンペーンのメッセージを広めるために活動したとのことです。

副校長のボブ・スタテン氏は「私たちの生徒の一人の父親であるスコット・ベイトマン氏は、ウィルトシャー警察の特別首席司令官で、彼は警察のドローンで私たちを援助すると申し出てくれた」と述べました。

ドローンから撮影された映像は、校庭でスローガンを綴るために集まる生徒たちの姿を捉えており、ソーシャルメディアにアップロードされて、100回以上共有されています。

「私たちはツイッターのページにビデオを掲載した。反いじめ連合のチャンネルに掲載すると、大きな注目を集めた」とスタテン氏は付け加えました。

NEWS

マジックのタネから生まれたドローン傘「DroneBrella」

NEWS

時速161キロで飛行する宅配ドローンの開発が進行中

NEWS

警察のドローン導入について回るプライバシー問題 警察長「私も嫌だ」

NEWS

Amazonが取得した、宅配ドローンを守るための特許とは?

NEWS

1フライトから適用できるドローン保険、運営会社が300万ドル調達

NEWS

独立記念日を彩るのは花火ではなくドローン!インテルが空軍基地でパフォーマンス

NEWS

ドローンフィッシングで釣り上げたのは277キロのサメ!

NEWS

インディアナ州警察が捜査にドローンを続々導入中

© DRONE NEWS