三井住友海上、ドローンによる太陽光パネル・事故現場等の損害調査を本格開始

三井住友海上火災保険株式会社は、2017年11月1日よりドローンを用いた損害調査を本格的に開始すると発表しました。

これまで人が立ち入ることが困難だった事故・災害現場や、広範囲に及ぶ太陽光パネルなどの損害調査に、ドローンを導入することで正確な損害状況の把握や情報の収集ができるようになります。

このうち、太陽光パネルにはサーモセンサー付のドローンを飛ばし、より迅速かつ効率的な損害調査を目指します。

同社では、すでに2015年9月よりドローンを用いたリスクコンサルティングサービスを開始しているほか、2016年4月の熊本地震ではドローンによる損害調査を実施していました。

今回、本格的な損害調査体制を構築することでドローン活用の幅をさらに広げ、保険金支払いのスピードアップと最適化を狙います。

具体的な活用方法としては、災害によって損傷した建物の損害調査や事故現場の事故原因調査、太陽光パネルの損害調査、広大な敷地や工場・倉庫等の高所における事故の損害調査、緊急時における危険場所の確認などが想定されています。

NEWS

DJI JAPAN、日本マイクロソフト、NSWが民生用ドローンとAI技術を活用した建築物の外壁調査で協業

NEWS

中国ECサイトの京東が四川省広安市でドローン配送を正式にスタート。30kgまでの食品・電化製品・洋服などを配送

NEWS

東大とシャープが8企業・団体と連携し、広島県江田島市でドローンを使った「スマートかき養殖」の実証実験スタート

NEWS

函館市のアサヒ商会がドローンを使った巡回・輸送システムを販売。農場やキャンプ場の巡回・管理や軽量荷物の配達を想定

NEWS

ドローンが水難被災者へライフジャケットを届けるサービス開始!ドローンネットが救助活動にドローンを活用

NEWS

FullDepthが水中ドローン「FullDepth DiveUnit300」を使い茨城県の花貫ダムでダム点検実証試験を実施。ダム上流側壁面の網羅的撮影に成功

NEWS

テラドローンとヤナイ・ソフトウエアーがドローンを用いた屋根点検・積算事業で提携

NEWS

岡山理科大と電源開発がドローンによる電力設備の保守点検を行う「電力設備自動撮影技術」を開発

© DRONE NEWS