総務省、悪天候時のドローン活用に向けて政令市配備

総務省消防庁は2018年度、悪天候時にも災害現場を撮影できる防水ドローンを、10の政令市に配備する方針です。

今まで、災害初期段階での情報収集には主にヘリコプターが利用されていましたが、天候によっては飛行させることが出来ず、情報収集が困難になることもありました。

しかし、ヘリコプターの飛べない悪天候時にも、防水性の高いドローンを使用すれば被災地に関する情報収集が可能になります。

2017年7月の九州北部豪雨では、ヘリコプターの飛ばせない悪天候時に内閣府が研究開発を進める全天候型ドローンを使用。福岡県内の孤立集落までの道路の状況を、搭載したカメラで撮影しました。

消防庁はドローンで収集した情報をもとに、必要な人員の数の把握などを迅速に把握し、迅速で効率的な災害支援に活用します。

配備されるドローンには、豪雨の際にも飛行可能な高い防水機能や、自動で飛行するプログラムを導入。17年度中に仕様書を作成し、18年度には入札により募ったメーカーに製造を委託する予定です。

配備対象の10の政令都市についてはまだ決定していませんが、各地方ブロックに1機以上を配備し、各地で起こる災害に迅速に対応できるようにする方針です。

NEWS

SUSCが「ドローン安全運用宣言 認証制度」を制定。関連法令の遵守や安全第一のドローン運用へ

NEWS

国土省がドローンの酒気帯び操縦禁止のための航空法改正を検討

NEWS

カナダ政府が2019年6月1日から新しいドローン規制法を施行。ドローン詳細の登録や飛行規則順守を義務化

NEWS

国土省がインフラの法定点検の目視要件を緩める方針を決定。ドローンなど新技術の普及を促すのが狙い

NEWS

セキドが「ドローンフライト許認可シール」発売!ヘルメットに貼るだけで国土省認可を周囲にアピール

NEWS

イリノイ州で公的機関のドローン使用に関する新法制 市民のプライバシーへの懸念も

NEWS

松本城周辺でドローン飛行 目撃相次ぐ 日本語と英語で松本市が張り紙 長野

NEWS

昨年摘発したドローンの違法飛行は68件に 前年からは倍増 警察庁

© DRONE NEWS