お菓子撒くイベントでドローン落下、子どもを含む6名が怪我

2017年11月4日午後2時ごろ、岐阜県大垣市で行われていた「ロボフェスおおがき2017」のイベント中、上空からお菓子を撒いていたドローンが落下し、子ども4人を含む6人が軽い怪我を負いました。落下したドローンは直径85cm、高さ55cm、重さ4kgで、来場者の上空約10mから落下しました。

落下当時は、約600人が集まっており、重大な事故につながる危険もありました。

事故当日は、上空からお菓子を撒くイベントのため、午前と午後の2回、ドローンが飛ばされましたが、午前の飛行で問題は見つからなかったようで、県警が落下原因について詳しく調査しています。

また、今回の落下の原因について、お菓子を撒いたときにバランスを崩してしまった、電波が干渉して操縦不能になったなど、様々な憶測が飛び交っています。

ドローンの安全な運用を目指す団体「日本ドローン空撮協会」によると、ドローンによって第三者が負傷する事故は今回が初めてで、負傷者の数も最多であるとのことでした。

今回の事故を受けて、人混みの上でドローンを飛ばすのは危険であるとの意見も改めて出ているようですが、ドローンの活用が進む中で、安全性についての課題の解決は最も重要になっており、その解決に向けた研究や、制度の整備を急ぐ必要性が問われています。

NEWS

セキドが産業向けドローンの無料総合説明会「産業ドローン&関連ソリューション説明会」を全国11カ所で開催

NEWS

AIを用いたドローン事業を展開する新会社イーエムアイ・ラボが長野県に設立

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

熊本県南小国町でドローン飛ばし放題できる「南小国ドローン手形」が利用者60名突破を記念し1億円の対人対物保険など新サービス追加

NEWS

MIT、ドローンが未知の環境を正確に自律飛行するためのリアルタイム・フレームワークを発表

NEWS

ドローンネット、世界初のオンライン対戦型ドローンレース場「スカイファイト」全国10カ所にオープン!

NEWS

SkyLink Japanがドローン総合機体保守プランのサービスを拡充。低価格プランと無制限の整備プランを用意

NEWS

DJI JAPAN、日本マイクロソフト、NSWが民生用ドローンとAI技術を活用した建築物の外壁調査で協業

© DRONE NEWS