ドローン練習におすすめの関東の練習場3選と、無料練習場のご紹介

ドローン(無人航空機)を練習する際には、日本の法律基準に乗っ取った場所で飛ばす必要があります。

そこで、今回は関東でおすすめのドローン練習場3選および無料練習場のご紹介と、ドローンの練習場を選ぶときの基礎知識をお伝えします。

 

ドローン(無人航空機)を飛ばせる練習場について

まずは、ドローン練習場を選ぶときに知っておくべき基礎知識をお伝えいたします。

現在ドローンを飛ばせる練習場は「無料」と「有料」の場所があります。有料の場合は1時間あたりの料金、もしくは半日、1日での料金設定となっています。

また、練習場によっては貸し切りを設定している場所もあります。

 

・屋内練習場の場合

屋内練習場の場合は、改正航空法に基づく気軽な利用が可能です。また、使用料金もお手軽となっていますのでおすすめです。

 

・屋外練習場の場合

屋外練習場の場合は、ドローンの法律が定める飛行距離を超える高さまで飛ぶことがあり得る事から、使用料金が高くなっています。また、事前の飛行申請や保険に入ることを求められるため、上級者向けと言えるかもしれません。

 

東京、関東近辺で飛ばせる無料・有料のドローン練習場

それでは次に、関東で利用することのできるおすすめの有料ドローン練習場をご紹介していきます。

東京都のドローン練習場
ライオンズファシリティ DJI日本正規代理店

・フィールドタイプ:室内
・場所:〒130-0023 東京都墨田区立川2-10-10 M・吉原ビル1階
・アクセス_電車をご利用の方:都営新宿線「菊川」駅から徒歩5分、都営大江戸線「森下」駅から徒歩5分
・駐車場:近くにコインパーキングが複数あり
・営業時間:13:00~21:00(2017年3月より12:00~19:00に変更)
・料金:1時間:¥3,240 ※貸し切り利用あり
・URL:http://www.lionsfilm.co.jp/facility/

東京23区内初のドローン練習場で、ドローンを体験しながら機体購入もできます。その際には、専門スタッフ立ち会いのもとでテストフライトをしてくれるので、初心者の方でも安心です。初回お試しフライトは、約30分の料金が無料となっています

 

千葉県のドローン練習場
SKY GAME SPLASH -ドローンエアレースサーキット

・ドローンを飛ばせるフィールドタイプ:屋外
・場所:〒264-0001 千葉県千葉市若葉区金親町498
・アクセス_電車をご利用の方:千葉都市モノレール「千城台駅」徒歩約15分、JR「千葉駅」からバスで約15分
・アクセス_お車をご利用の方:貝塚ICより約15分
・駐車場:無料駐車場あり
・営業時間:10~16時
・料金:1時間 800円 ※貸し切り対応あり
・URL:http://www.skygame-splash.com/index.html

ドローン専用飛行フィールドを日本で初めて開設した練習場で、3つのコースに分かれています。トレーニングからFPVレースまで、操縦者のレベルに合わせたドローン利用が可能です。

 

神奈川県のドローン練習場
ドローン・サーキットSPLASH 横浜ベース

・ドローンを飛ばせるフィールドタイプ:屋内
・場所:〒227-0036 神奈川横浜市青葉区奈良町2057
・アクセス_電車をご利用の方:東急こどもの国線 「こどもの国」駅下車 徒歩5分
・駐車場:数台の駐車スペースあり
・営業時間:平日 13:00~22:00 土・日・祝 10:00~21:00
・料金:1時間1,200円(延長1時間800円) ※時間外利用、貸し切り利用は要相談
・URL:http://www.skygame-splash.com/yokohama/

日本初の屋内ドローン・サーキットで、オーナーは「WORLD DRONE PRIX 2016」日本代表スタッフです。ドローン初心者から本格レーサーまで幅広く利用していて、利用者の情報交換も盛んで、アットホームな雰囲気が流れています。仕事帰りでも楽しめる21時までの利用が可能で、平日でもドローンを操縦できます。

 

完全無料の市営ドローン練習場は、茨城県古河市の河川敷

東京都心、関東近辺では有料の練習場が多いです。しかし、茨城県の古河市にあるドローン練習場なら無料で利用できます。

 

茨城県古河市 古河スポーツ交流センター

・ドローンを飛ばせるフィールドタイプ:屋外
・場所: 〒306-0036 茨城県古河市桜町17−43
・アクセス:JR宇都宮線「古河」駅より車で10分(約2.5Km)
:東北道館林インターより古河方面に向かい三国橋を渡り右折して約1Km
(館林インターより約30分)
・駐車場:無料の駐車場あり
・営業時間:9時00分~16時00分
・料金: 無料

古河スポーツ交流センター(古河市立崎510-1)で利用申請をして、ドローン練習場に移動します。ただし、利用する場合はお持ちのドローンが賠償責任保険に加入している必要がありますので注意してください。

 

ドローン練習場は都心に集中

ドローンを飛ばせる場所は、東京23区内を中心とする都心、副都心に集中しています。

また、奥多摩町、さいたま市が管理する都市公園などでも、航空改正法に基づく適切な利用が可能な場合は、ドローンを飛ばせます。

ドローンをお持ちの場合は、東京近郊に飛ばしにいくか、もしくはお住まいの地域でドローン利用を許可している場所で飛ばす必要があります。

日本では、首相官邸に原子力マークのついたドローンが落ちていた事件をきっかけに、ドローン利用には強い規制が敷かれていることを忘れてはいけません。

その為、家の前でドローンを気軽に飛ばした場合でも法律に準拠しない可能性があるので、適切な場所でドローンを飛ばすことをお勧めします。

 

====

最短2日で取得!業界プロによる実践的なレッスンにより効率的な資格取得が可能です。

レッスンの受講が可能なお近くの国内ドローンスクールを「DroneSchool.net」でさがそう!

====

COLUMN

映画×ドローンの盛り上がり。「ドローン映画祭」やドローンを題材にした映画も

COLUMN

ゲーム感覚でドローンが楽しめる、無料のドローン体感アプリやシミュレータ紹介

COLUMN

ドローンでFPV飛行をしよう!1万円以下のおすすめFPVゴーグル3選

COLUMN

日本中でドローンレースが行われている!ドローンレースに参加しよう

COLUMN

ドローンの体験教室にいって、お試しでフライトしてみよう!

COLUMN

ドローンシミュレータでドローンの練習をしよう

COLUMN

ドローンが練習できる飛行場の今後は?

COLUMN

ドローンのアプリを使って、飛行を疑似体験しよう

© DRONE NEWS