<国連>ドローン登録者の国際データベース設立を呼びかけ

国連の機関である国際民間航空機関(ICAO)に、すべてのドローンを単一のグローバルデータベースとして取りまとめることを支持する動きがあるようです。

ここで想定しているデータベースはICAOによって管理される可能性があり、ドローンとその所有者が登録され、各国の法執行機関がリアルタイムにアクセス可能なものになる、とされています。

ICAOは各国の利用状況に直接の規制を課す権限を持ってはいませんが、近年ますますドローンの利用が一般化するにつれ、航空機との衝突が大規模な事故を引き起こすことや、プライバシー・セキュリティ上の問題に関して、強い懸念を持つに至りました。

データベースの実現に関して、ドローン製造メーカーには規制の強化を恐れる懸念があるようです。これに対してICAOStephen Creamer氏は、データベースとともに運用されることになるであろうグローバルな運用基準のことも話題に挙げた上で「国別に異なるルール・環境でドローン製造が行なわれている」現状のことを問題視しています。

データベースへの登録がある種のライセンスとして機能し、ドローンの製造流通や運用の明確な国際ルールが制定されるならば、国を跨いでドローンを運用したいユーザーにとっては福音となるかもしれません。

 

本記事はリンク先の記事を参考に作成されました 参考:https://petapixel.com/2017/09/11/un-calls-global-drone-registration-database/』

COLUMN

世界のドローン界を席巻!中国のドローン事情

COLUMN

韓国ドローン事情 ムン・ジェイン政権下ではどうなる?

COLUMN

韓国のドローン市場、中国が9割以上を占める

COLUMN

アメリカのドローン事情とは?

COLUMN

熱々のメキシコ料理もドローンで配送 豪で試験的に実施

COLUMN

世界中が注目するドローン研究者、ラファエロ・ダンドレア氏とは?

COLUMN

スイスでドローンの実用化が進むその理由とは?

COLUMN

メルセデスベンツがドローン併用の配送サービス スイス

© DRONE NEWS