<中国>ドローンの「賢さ」を競うコンテストが開催

ドローンに搭載した人工知能(AI)の技術を競うコンテストがShanghai Jiao Tong University(上海交通大学)で開催されました。

中国各地の大学からエントリーした22チームが参加したこのコンテストでは、飛行速度や距離ではなく「賢さ」が評価の対象になるため、コンテストに参加するドローンには「人の後を追う」「何かを探す」といった課題を達成する能力が必要になります。

たとえば、隔離された場所での救助活動ではドローン操作用の通信は弱くなりがちで、要救助者が発する何らかのサインを、自らの判断で見つけ出す能力が要求されます。

審判のZou Danping氏によると、「AIやドローン、アルゴリズムのそれぞれに強い人が不足しているのではなく、それらすべてを自在に使える人が少ない」ため、このような課題を設定しているのだそうです。

 

Teams test drone responses

TWENTY-TWO teams from universities around China tested their artificial intelligence technologies on drones in a competition at Shanghai Jiao Tong University over the weekend.
The drone competition is not about how far or fast the machines can fly, but how smart they are.
During the test, the drones have to complete a series of tasks including following a person on the move and searching objects in an isolated area.
“The competition is more about preparing talent for the field’s future development, to bring talent to focus on the field,” said Zou Danping, a judge of the competition.
“There is not a shortage of talent in artificial intelligence or drones or alogrithms, but there are not many who command all the skills at the same time.” Zou added the competition’s tasks settings such as searching is a key application for drones, particularly in rescue actions, where signals are often weak. Drones have to quickly work out how to locate the target.
Zhu Yafu, a member of the team from Shanghai BeiDou Research Institute, said BeiDou took part in the competition to have more contacts with university teams to exchange ideas and learn the latest development in colleges.

 

原文

http://www.shanghaidaily.com/metro/society/Teams-test-drone-responses/shdaily.shtml

COLUMN

世界のドローン界を席巻!中国のドローン事情

COLUMN

韓国ドローン事情 ムン・ジェイン政権下ではどうなる?

COLUMN

韓国のドローン市場、中国が9割以上を占める

COLUMN

アメリカのドローン事情とは?

COLUMN

熱々のメキシコ料理もドローンで配送 豪で試験的に実施

COLUMN

世界中が注目するドローン研究者、ラファエロ・ダンドレア氏とは?

COLUMN

スイスでドローンの実用化が進むその理由とは?

COLUMN

メルセデスベンツがドローン併用の配送サービス スイス

© DRONE NEWS