スイスでドローンの実用化が進むその理由とは?

血液サンプルをドローンを用いて輸送するシステムの構築や、メルセデスベンツが他者と協力して進めているドローン配送テストなど、スイスでのドローン活用の実用化がここ最近で続いている。

ヨーロッパにおけるドローン先進国と言えばフランスであるが、実はスイスでもドローンの思い切った実用化が進んでいる。これはひとえにスイスの風土がそうさせているのである。

スイスは山岳地帯が多く、離村も多いためにドローン活用のメリットが大きいのだ。
そしてまた学生や若い研究者、起業家を支援する気風がある。アインシュタインが学んだチューリッヒ工科大学はその象徴的な存在かもしれない。

メルセデスベンツがドローン併用の配送サービス スイス

血液サンプルをドローンで輸送 スイスで運用開始

COLUMN

ドローン専門ポータルストア「DRONE THE WORLD」とは

COLUMN

東京ガールズコレクションでドローンが飛んだ–テクノロジーの第一人者たちが語った、壮大なプロジェクトの舞台裏

COLUMN

世界のドローン界を席巻!中国のドローン事情

COLUMN

広大な土地はドローン利用に最適?北海道のドローン事情

COLUMN

ドローンを株式テーマとする有力銘柄5選。商用ドローンの将来性と経済効果は?

COLUMN

あす開校!福岡県2校目「ドローンスクールジャパン福岡中央校」

COLUMN

株の世界にもドローン!ドローン関連銘柄をチェックしよう

COLUMN

規制の緩和でアメリカのドローン開発が変わる?

© DRONE NEWS