アウシュビッツ強制収容所をドローンが空撮

ナチスドイツがポーランドに設置し、ユダヤ人やロマが殺害されたアウシュビッツ強制収容所をドローンで撮影した。これは2015年1月に解放70年を記念してBBCが制作し、米国の映像会社BiG Productionsが空撮したものだという。

映像は、収容所の巨大さがよく分かる仕上がりとなっている。

https://www.youtube.com/watch?v=V76jjzo-U4E
アウシュビッツについて書かれた書籍は多くあり写真も残されているが、収容所の生存者などの当時のことを知る人々は年々減っている。

多くの人の命が機械的に奪われていったというアウシュビッツ。今回のドローン空撮も、その不気味さを後世に伝える手段となっただろう。

参照:「アウシュビッツをドローンで空撮:米国映像会社が制作「巨大さに言葉も出ない」」

COLUMN

ドローン専門ポータルストア「DRONE THE WORLD」とは

COLUMN

千葉でドローンを飛ばせる練習場やおすすめの空撮スポットについて

COLUMN

ドローンが飛行可能な場所は?飛行できる場所とそうでない場所の特徴

COLUMN

一風変わった空撮を楽しもう!飛行機型(固定翼型)のドローン紹介

COLUMN

東京ガールズコレクションでドローンが飛んだ–テクノロジーの第一人者たちが語った、壮大なプロジェクトの舞台裏

COLUMN

世界のドローン界を席巻!中国のドローン事情

COLUMN

東京都内でドローンを飛ばすには?人口集中地区の調べ方や注意すべきルール

COLUMN

趣味としてのドローンにはどんな使い道がある?空撮など楽しみ方いろいろ

© DRONE NEWS