ドローン300機!ハウステンボスでIntelドローンライトショー開催

ハウステンボスとインテル、hapi-robo stは、300機のドローンを使った「Intel Shooting Star ドローン・ライトショー」を7月22日にハウステンボスで開催した。

このショーは、これまでオーストラリアやドイツ、アメリカなど世界各国で開催されていきたが、日本では今回が初。ハウステンボス開業25周年スペシャル企画として、7月22日から8月5日までの期間、毎夜開催される。

(※画像はイメージです)

初日となった7月22日は、ハウステンボス内で記者会見が開かれ、今回のショーの開催の経緯について、ハウステンボス 取締役CTO兼hapi-robo st代表取締役社長の富田直美氏が説明した。

もともとドローンに精通していた富田氏は、以前よりドローンを使ったショーを開催したいと考えていたが、予算などの都合から断念。そのなかでIntel Shooting Star ドローン・ライトショーの存在を知り、インテルにコンタクトを取ったことが始まりだったという。
富田氏は会見の中で、ライトショーに特化したドローン機体と運用のシステムを絶賛した。

今回のショーで使われるドローンは「Intel Shooting Star」と呼ばれるもので、ドローン・ライトショーで利用される機体としては3代目となる最新モデル。
底面には赤、緑、青、白のLEDライトを搭載し、約40億色の発色が再現できる。プラスチックと発泡素材を利用して軽量化しただけあり、重量はわずか330g。プロペラすべてを保護ケージで囲うことで、安全性が高められている。

22日は、ハウステンボスで花火大会「夏一番花火大会2017」も開催。
その花火大会終了直後にIntel Shooting Star ドローン・ライトショーが開催され、花火とドローンの夢の競演に観客から歓声が上がった。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=43&v=Vl34X6NASW0

参照:「ドローン300機が夜空に舞うIntelドローンライトショーがハウステンボスで開催

COLUMN

千葉でドローンを飛ばせる練習場やおすすめの空撮スポットについて

COLUMN

ドローンが飛行可能な場所は?飛行できる場所とそうでない場所の特徴

COLUMN

一風変わった空撮を楽しもう!飛行機型(固定翼型)のドローン紹介

COLUMN

東京都内でドローンを飛ばすには?人口集中地区の調べ方や注意すべきルール

COLUMN

趣味としてのドローンにはどんな使い道がある?空撮など楽しみ方いろいろ

COLUMN

アウシュビッツ強制収容所をドローンが空撮

COLUMN

ドローン片手に新婚旅行で世界一周した夫婦の話

COLUMN

完成間近のApple新社屋「Apple Park」をドローンが空撮!

© DRONE NEWS