ドローンでサメ襲撃を防ぐ!オーストラリアの「Little Ripper」

サメによる襲撃によるパニック映画といえば、スティーブン・スピルバーグ監督の「ジョーズ」だ。あの映画の舞台はアメリカ東海岸だが、世界最大規模のサメの生息圏はオーストラリアである。

オーストラリア南東のニューサウスウェールズ州は、サメの事故を防ぐためにドローンを導入している。このドローンは「Little Ripper」。
ドローンで海岸線の監視を行い、サメなどの危険を察知し次第、忌避剤や救命用のいかだを届け、現場の正確な座標軸をスタッフに送信するという。

さらに、シドニー工科大学ではドローンがサメの種類を特定するためのプログラムを開発中である。サメの種類が特定できれば、必要に応じた救助が行える。

https://www.youtube.com/watch?v=Sylx-GP3AqA

世界でのサメの襲撃による死亡事故件数は決して多くはないが、ここ数年で増加傾向にあり、2015年には過去最多の98件に上った。サメの襲撃というイメージがついては観光業にとって打撃となるため、オーストラリアとしても万全の体制でサメ対策に乗り出していくようだ。

COLUMN

千葉でドローンを飛ばせる練習場やおすすめの空撮スポットについて

COLUMN

ドローンが飛行可能な場所は?飛行できる場所とそうでない場所の特徴

COLUMN

一風変わった空撮を楽しもう!飛行機型(固定翼型)のドローン紹介

COLUMN

東京都内でドローンを飛ばすには?人口集中地区の調べ方や注意すべきルール

COLUMN

趣味としてのドローンにはどんな使い道がある?空撮など楽しみ方いろいろ

COLUMN

アウシュビッツ強制収容所をドローンが空撮

COLUMN

ドローン片手に新婚旅行で世界一周した夫婦の話

COLUMN

完成間近のApple新社屋「Apple Park」をドローンが空撮!

© DRONE NEWS