Facebookがドローン活用!?その目的とは

Amazonや楽天といった大企業のドローン業界参入が進んでいる中、「え? あの企業もドローンに目をつけていたのか?」と驚いてしまうような組み合わせもある。

その1つが、Facebookのドローン活用である。もちろんこれは、FacebookがAmazonや楽天と同じく、荷物の配送を始めるという話とは訳が違う。

では、Facebookは一体どのようにドローンを使うつもりなのか?

その答えは「インターネット環境がない地域に、ネット環境を提供すること」である。
事実、ドローンの活用には通信インフラの代わりとしてワイヤレス中継機を搭載して通信網を作るというものがある。

Facebookの作った無人航空機『Aquila (鷲)』も、レーザー光線によるインターネット接続を中継する役割を担う。この機体は太陽光をエネルギーとし、2週間の無人飛行を目指している。

これができればインターネット環境の整っていない地域でも、3ヶ月ほどのインターネット接続が可能になるという。Facebookはそのような地域に、教育・知識や遠隔医療、仕事などを届ける気のようだ。

https://www.youtube.com/watch?v=eOez_Hk80TI

 

ちなみに、2016年の7月にはすでに『Aquila』の飛行テストが成功している(上記動画参照)。全翼の『Aquila』は多くの人思い浮かべるドローンをの姿とややずれるかもしれない。

ちなみに、通信環境を提供する別プロジェクトとして、軍用機などの製造で知られるLuminati Aerospaceがやはり太陽エネルギーを用いた航空機を開発している。しかしこちらは有人飛行である。

参照:「ソーラー飛行機「Aquila(アキラ)」の初飛行に成功:何十億もの人々をつなげる大きな一歩を踏み出す

COLUMN

千葉でドローンを飛ばせる練習場やおすすめの空撮スポットについて

COLUMN

ドローンが飛行可能な場所は?飛行できる場所とそうでない場所の特徴

COLUMN

一風変わった空撮を楽しもう!飛行機型(固定翼型)のドローン紹介

COLUMN

東京都内でドローンを飛ばすには?人口集中地区の調べ方や注意すべきルール

COLUMN

趣味としてのドローンにはどんな使い道がある?空撮など楽しみ方いろいろ

COLUMN

アウシュビッツ強制収容所をドローンが空撮

COLUMN

ドローン片手に新婚旅行で世界一周した夫婦の話

COLUMN

完成間近のApple新社屋「Apple Park」をドローンが空撮!

© DRONE NEWS