九州豪雨被災地をドローンで撮影 国土地理院がネット上に公開

国土地理院は、九州北部の豪雨被害の被災現場をドローンで撮影した映像をネット上に公開した。映像は7日以降に撮影したもので、川の上流部や山間部の被災状況も見ることができる。

(出典:国土地理院)

公開された映像によると、福岡県朝倉市の赤谷川や奈良ケ谷川の流域では、針葉樹の山の斜面が大きく崩れ、流れ出たとみられる流木が民家の周辺に積み重なっている。その他、橋の崩落などの様子もよくわかる。

https://www.youtube.com/watch?v=OTz7TKzWJtk&feature=youtu.be

(出典:国土地理院)

撮影はドローンによる災害対応に特化したチーム「国土地理院ランドバード」によるもので、救助や復旧のために公開された。

公開されたサイトはこちら

参照:「九州豪雨の被災地、ドローンで撮影 国土地理院が公開

COLUMN

千葉でドローンを飛ばせる練習場やおすすめの空撮スポットについて

COLUMN

ドローンが飛行可能な場所は?飛行できる場所とそうでない場所の特徴

COLUMN

一風変わった空撮を楽しもう!飛行機型(固定翼型)のドローン紹介

COLUMN

東京都内でドローンを飛ばすには?人口集中地区の調べ方や注意すべきルール

COLUMN

趣味としてのドローンにはどんな使い道がある?空撮など楽しみ方いろいろ

COLUMN

アウシュビッツ強制収容所をドローンが空撮

COLUMN

ドローン片手に新婚旅行で世界一周した夫婦の話

COLUMN

完成間近のApple新社屋「Apple Park」をドローンが空撮!

© DRONE NEWS