DJI Mavic Air

スペック情報

カメラ性能

カメラ搭載有無
標準
FPV
動画解像度
3840x2160
RAW撮影

本体性能

飛行時間
21分
充電時間
55分
操作可能距離
2000m
スマホ/タブレット対応
対応OS
iOS 9.0以降/Android 4.4以降
Wi-Fi内蔵
障害物検知
自動追尾機能
自動帰還
ジェスチャーコントロール
GPS
GLONASS
折りたたみ
 

サイズ・重量

全長×全幅×全高
168×184×64mm
重量
430g

カラー

カラー
オニキスブラック 他2色
 
 

Mavic Airについて

数多くのドローンを手掛けたDJI社製品の中でも、最も優れた究極の携帯性を実現した折りたたみ式ドローンが、今回紹介する「Mavic Air」です。このMavic Airは、ただ持ち運びしやすいだけでなく、ハイスペックな飛行性能と機能性を備えています。100Mbpsの4K動画撮影が可能で、逃したくない一瞬も色鮮やかに捉えることができます。

この機種のオススメポイント

①安定感のある3軸ジンバルカメラ

Mavic Airは、メカニカル3軸ジンバルが本体に格納された、DJI史上最高の携帯性を誇るドローンです。また、ジンバルの角度ぶれ範囲も0.005°まで抑えられています。さらに、ジンバルの衝撃吸収部は三方に配置されており、抜群に安定性のある撮影を実現します。

 

②32 MP スフィアパノラマ

Mavic Airは、水平方向/垂直方向/180°パノラマのパノラマ撮影に対応しました。加えて、25枚の写真をわずか8秒で合成し、クリスタルに映り込んだような映像の32 MP スフィアパノラマ1を楽しむことができます。

 

③12 MP 静止画

Mavic Airの内蔵カメラは、1/2.3インチ 12MP CMOSセンサーと焦点距離24mm35mm判換算)のF/2.8レンズを採用しました。動画だけでなく、ハイクオリティな静止画撮影機能にも注目です。

 

④8 GB の大容量内部ストレージ

Mavic Airの内部ストレージ容量は、なんと8GBです。コンパクトな外観ながら、その記録容量は非常に頼もしい性能です。

 

⑤折りたたみ設計の本体と送信機

高い携帯性を誇るMavic Airは、折りたたむとスマートフォンほどのサイズになります。専用送信機もスマートフォンホルダー搭載の薄型折りたたみ式です。そして、コントロールスティックは着脱可能なので、持ち運びの際に邪魔になりません。